カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

トップページ(目次)

f:id:nokkie170111:20170615165421j:plain

ジャンル

戦略検証   ▶戦略対戦   ▶賭け方   ▶その他

 

戦略検証

01 難しい8のスプリット

02 仕方なくする6のスプリット 

03 いいのかな~?4のスプリット

04 恐怖とスリルのAのスプリット

05 ちょっと怖い9のスプリット

06 ホントにラッキーセブン?の7のスプリット

07 さらば最弱、3のスプリット

08 2のペア対ディーラー7 

09 やっぱ、タブーだよね?5のスプリット

10 10のペア対ディーラー9 ★6月23日更新★

11 負けるぞ!イレブンダブル

12 負けるかもよ、テンダブル

13 絶対負けでしょ?テンダブル

14 大丈夫かなあ?ナインダブル

15 最も悩ませる8のスプリット

16 9のスプリットをしない方がいい場合

17 ヒットしそうになるハンド13

18 ハンド16でヒットして、いちばん望みがあるのは・・・?

19 5のスプリットってタブーですが・・・。

20 ソフトハンドでダブルアップしますか?

21 20を壊す者、何か不吉な予感が・・・。

22 トリプルエースか~。

23 3・3・7拍子なるか・・・?

24 エースのペア対ディーラー10 

25 エイトダブル、したことありますか?

26 この9のペア、ステイねえ?

27 ソフト17対ディーラー7 

28 7のペア対ディーラー2  

29 ハンド11対ディーラー10 

30 2のペア対ディーラー2 

31 6のペア対ディーラー2 ★6月24日更新★

32 9のペア対ディーラー2 ★6月25日更新★

33 7のペア対ディーラー7 ★6月28日更新★

 

戦略対戦

01 ベーシックストラテジーの有効性の検証① 

02 ベーシックストラテジーの有効性の検証②

03 ベーシックストラテジーの有効性の検証③ 

04 ベーシックストラテジーの有効性の検証④ 

05 守りに徹する戦略vs基本戦略 

 

賭け方

01 1枚ずつ賭けるプレイヤー①

02 1枚ずつ賭けるプレイヤー②

03 1枚ずつ賭けるプレイヤー③

04 1枚ずつ賭けるプレイヤー④

05 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑤

06 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑥

07 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑦

08 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑧

09 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑨

10 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑩

11 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー①

12 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー②

13 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー③

14 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー④

15 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑤

16 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑥

17 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑦

18 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑧

19 勝つためのチップの賭け方

20 回数限定のマーチンゲール法

21 回数限定のマーチンゲール法(続)

22 段階式のマーチンゲール法

23 マーチンゲール法、復活。

24 段階式のマーチンゲール法Ⅱ、別スタイルでも検証。

25 段階式のマーチンゲール法Ⅱ、かなり好調です!

26 れいの賭け方で12シューまで続いています。

27 れいの賭け方、そろそろ天井つけるか!? 

28 段階式マーチンゲール法、いよいよフィナーレ。 

29 戦略の検証(守り過ぎvs攻め過ぎ) ★6月29日更新★

 

その他

01 初投稿です。

02 ルール説明

03 基本ルール(オーストラリア式) 

04 ベーシックストラテジー(BS)について 

05 はてなブログのグループを新しく作ってみました!

06 ベーシックストラテジークイズ第1回 

07 ディーラーにチップを渡すとき ★6月23日更新★

08 ブラックジャックの配当1.2倍に怒る米国人たち ★6月27日更新★

 

先頭に戻る

 


人気ブログランキング

戦略の検証(守り過ぎvs攻め過ぎ)

 どうも、ノッキーです。

 

今回は、戦略対戦です。

1つは、守りに徹する戦略Defensive(ディフェンスィヴ)です。

① ハンド12以上になると、ディーラーのアップカードが2から6のときはステイ、7からエースのときはサレンダ―をする。

② ダブルやスプリットは一切しない。

 

もう1つは、攻めに徹する戦略Aggressive(アグレスィヴ)です。

① ハンド17までは、ディーラーのアップカードに関係なくヒットする。

② ダブルやスプリットは許される限り(最初の2枚が9,10,11のみ)行う。

 

DefensiveAggressiveとでは、どちらが勝ちやすいと思いますか?

 

ホールカードスタイルで検証してみました。

試行回数は25回、動画の時間数は10分程度です。

興味があれば、どうぞ。


[Blackjack Experiment] Strategy Match (Defensive vs Aggressive)

 

動画を撮り終えたあと、さらに75回の試行を重ね、全100回分のデータから結果を出してみました。まずは、守りに徹するDefensiveの結果です。

f:id:nokkie170111:20170627142210j:plain

やたらとサレンダーと叫ぶことになりました。

100回中、34回が「サレンダー!」ですから。

ハンド12対ディーラー7でも、「サレンダー。」ですから、笑ってしまいます。

 

しかし、笑ってはいけませんでした。

次のグラフからも分かるように、サレンダーの成功率がかなり良かったのです。

f:id:nokkie170111:20170627142230j:plain

4回に3回は上手くいった!

笑うんじゃなくて、拍手するべきでした。

 

次に攻めに徹するAggressiveの結果です。

f:id:nokkie170111:20170627142220j:plain

こちらは、一切サレンダーを口にしない代わりに、ディーラーエースでナインダブルをしたり、ディーラー10で3のスプリットをしたり、かなり無茶をすることで目立っていました。

結果はパッとせず・・・。

 

引き分けを除いた勝率は、

Defensiveが28%Aggressiveが32%でした。

 

チップの増減は、

Defensiveが-49枚Aggressiveが-63枚でした。

(ベット額:毎回2枚ずつ)

 

まとめると、どちらの戦略も勝つために有効とは言えません

しかし、どこかを変えたら、改善されるかもしれません。

 

結局、いつサレンダーやダブル、スプリットをしたらいいのか、それが問題です。

やはり、BSがベストなのかもしれません。

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

 


人気ブログランキング

7のペア対ディーラー7

「これは、引き分け狙いでいこう。」

f:id:nokkie170111:20170627193928j:plain

 どうも、ノッキーです。

 

スリーセブン、日本ではパチンコやパチスロでの大当たりとされているラッキーナンバーですね。

でも、ブラックジャックではラッキーとは言い難いです。

この場合、ベーシックストラテジーBS)では、スプリットが推奨されています

しかし、7を分けて厄介な展開を想定して、ハンド14としてヒットしたり、まれにステイしたりするプレイヤーもいます

 

僕の場合は、消去法でスプリットを躊躇なく選んできました。

BSに従っているわけですが、果たしてどのくらいの勝率があるんでしょうか。

 

というわけで、いつもどおり検証をしました。

試行回数は100です。(いつもの動画は無し)←「いつもどおりじゃないじゃないか!

f:id:nokkie170111:20170627164746j:plain

 

上記の100回分のデータから得た結果を示します。

f:id:nokkie170111:20170627144935j:plain

負けない確率は大体2分の1ですね。

引き分けになるパターンでイメージするのは、両ハンドとも10が出て17、ディーラーも10を引いて17ですが、意外とそのパターンは少なかったです。

理論上だと、その3箇所とも10が出る確率は3%くらいですからねえ。

 

f:id:nokkie170111:20170627144950j:plain

 これはディーラーのアップカードに関係なく、ハンド14でのヒットの結果も示しています

やはり不利ですね。

運良く7以下のカードが引けたとしても、勝ちが確定するわけではありませんから。

 

f:id:nokkie170111:20170627145044j:plain

これは論外ですね。

 

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが42%ヒットが29%ステイが22%でした。

 

チップの増減は、

スプリットが-25枚ヒットが-41枚ステイが-56枚でした。

(ベット額は毎回1まいずつ)

 

まとめると、スプリットがいちばんマシな選択です

やはり、BS通りするべきですね。

 

最後に、このグラフは3単位勝ちの成功率を示しています。

f:id:nokkie170111:20170627145126j:plain

 スプリット後に、3や4を引けば、ダブルのチャンスになり、3単位、稀に4単位を賭けた大勝負がやってきます。

今回の100回のデータからは、あまり良いとは言えない結果でした。

まあ、ディーラー7ですから、プレイヤーのハンドは18以上にしなければ3単位以上の勝ちというのは厳しそうです。

3単位の勝敗のパターンを少し動画にとってみました。

興味があれば、どうぞ。

視聴時間は数分程度です。


[BJ 3-unit bet] Split 7s vs Dealer’s 7

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

では、またの機会に。

 


人気ブログランキング

 

ブラックジャックの配当1.2倍に怒る米国人たち

どうも、ノッキーです。

 

Twitterでいろんな人のつぶやきに目を通していると、こんな怒りや嘆きを目にします。

これは50代くらいに見えるおじさんのツイートです。

f:id:nokkie170111:20170627115527j:plain

ちょっと洋画の吹き替えっぽく訳してみると、こんな感じでしょうか?

多くのカジノブラックジャックの配当1.5倍から1.2倍に変えやがっている。1.2倍のブラックジャックなんてお前ら、絶対に絶対にしないほうがいいぞ。

never ever everとか、おじさんから怒りの感情が凄く伝わってきます。

 

こちらは、30代くらいの男性のツイートです。

f:id:nokkie170111:20170627120005j:plain

これは正直、訳しにくい。

常連客をいいように扱うカジノにストップをかけろ。リツイートたのむ。『アホらしいだけの1.2倍のブラックジャックだ。』本当のブラックジャックの配当は1.5倍だ。拡散希望」って感じでしょうか。

このツイートからは、本当に改革を起こすような、活動的な感情が伝わってきます。

 

確かに、1.2倍の配当はいただけません。

そんな配当なら、他に何かメリットが無い限り、僕はBJをやめるでしょう。

 

そんなことをすれば、客が怒るのも無理はないってカジノ側も分かるだろうに、いったいどんな理由があってのことなんでしょうか?

 

第1に考えられる理由は、カジノ側の収益が下がったことではないでしょうか。

減益を補助するための1つの策だとすれば、あまりにも浅はかなやり方です。

客が減るリスクの方が大きいように思えます。

 

それか、ラスベガスでは客は増加傾向で、それに歯止めをかけなればいけないくらい繁盛しているというのでしょうか。

米国の人口は3億人くらいいますし、海外からも大勢やってくる場所なので、そんな嬉しい嘆きからくる理由なのかもしれません。

 

あるいは、カジノ側に都合の良いお客様が減ってきて、勝ち逃げするプレイヤーに頭を悩ませているというのでしょうか。

今の時代、カードカウンティングは無効であるはずです。

シャッフルマシーンの導入により、1回のゲームごとにシャッフルし直していますから。

 

いろいろと考えてもよく分からないので、今度誰かに聞いてみることにします。

正しい答えは得られないかもしれませんが・・・。

 

僕がカジノ側の人間なら、ブラックジャックの配当は1.5倍のままで、別の何かを変えようとするでしょう。

例えば、アメリカンブラックジャックはスプリットが3回も出来るそうですが、それは多すぎだと思っています。

スプリットは1回のみがいいと思います。

だから、オーストラリア式は好きです。

リスプリットするかしないかを悩まずに済みますから。

ただ、エースのスプリットは何回かしたいと思いますが、カジノ側の策なら、これも1回だけに制限するべきです。

 

さらに、別の策が必要であれば、サレンダー禁止にするとか。

これをすれば、保守的なプレイヤーからクレームが出そうですが、カジノ側にとったら良策になり得るはずです。

ハンド16対ディーラー10とかでサレンダーできないなら、プレイヤーにとって不利ですから。

僕は基本的にサレンダーをしない派でしたが、最近、いろんな検証をしてきて、その考えが変わってきました。

場合により、サレンダーは有効かもしれないと、今は思っています。

 

とにかく、1.2倍BJが世界に浸透しないことを願います。

だから、僕は2人目のツイートをリツイートしました。

一応、拡散を手助けしたことになりますよね。

 

今のところ、プレイヤーにとって一番有利なルールは、

① ホールカードスタイル

② BJの配当1.5倍

③ レイトサレンダー有り

④ ディーラーに嫌々チップを渡さなくてよい

など、ではないでしょうか。

 

結局、④だけ我慢すれば、近場のあのカジノがあてはまるんですよね。

でも、最近オープンした方のカジノは、ノーホールカードって誰かが書き込みをしていたような。

確かな情報ではありません。

初めてのカジノでは、前もってルールを確認しておくことが必須であるようです。

 

今回はここまでとします。

雑談にお付き合いいただき、ありがとうございます。

では、またの機会に。

 


人気ブログランキング

9のペア対ディーラー2

ナインダブルっぽいですね。

f:id:nokkie170111:20170625160634j:plain

どうも、ノッキーです。

 

今回のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードが2のときの9のペアについてです。

同じものを前に行いましたが、今回はまとめに入ろうと思います。

 

ベーシックストラテジーでは、この場合、スプリットが推奨されています。

しかし、ハンド18としてステイするプレイヤーもいます

 

スプリットとステイとでは、結果にどのくらいの違いが出るものなんでしょうか。

以前のものと合わせて、100のデータから結果を求めました。

f:id:nokkie170111:20170625161211j:plain

 

結果を円グラフで示します。

f:id:nokkie170111:20170625161256j:plain

負けない確率は半分ちょいってところですね。

 

f:id:nokkie170111:20170625161309j:plain

勝率は意外と良かったです。

これは、ハンド18対ディーラー2の場合の結果にもなっています

言いかえると、ディーラー2から17またはバーストになる確率が55%ってことですね。

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが49%ステイが60%でした。

 

チップの増減は、

スプリットが+6枚ステイが+18枚でした。

(ベット額:毎回1枚ずつ)

 

まとめると、BSに反して、ステイする方がベターです。

 

さらに、3単位の勝敗について研究してみました。

スプリットのメリットは、スプリット後のダブルのチャンスです。

ただ、9のスプリットの場合は、次に2を引かなければいけないんですね。

エースを引いた場合、ソフト20でのダブルはBSでは推奨されていないので、考えません。

 

そこで、どんな勝敗のパターンがあるのか、動画を撮ってみました。

視聴時間は3~4分です。

特に、初心者の方、参考にしてみてください。


[Blackjack Examples] Split 9s vs Dealer’s 2

 

3単位勝ちの成功率はこんな感じです。

f:id:nokkie170111:20170625163204j:plain

発生件数は、100回中13回と少なかったです。

イレブンダブルしか該当しないので、仕方ないことです。

確率の偏りを考慮して、成功率は2分の1以上は期待できそうです。

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

 オンラインカジノのデモとでかで試してみてください。

 

 


人気ブログランキング