ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

1枚ずつ賭けるプレイヤー①

ブラックジャック フラットベット カジノ BJ ハウスエッジ 勝率 ベーシックストラテジー シミュレーション ディーラーのアップカード BS ステイ スタンド

どーも、ノッキーです。

ノッキーのブラックジャック(BJ)の最初のプレイヤー、ミスターフラットを紹介します。

彼は毎回のゲームで1枚しか賭けません。なので、フラットという名前なのです。

※毎回同じ額しかかけないことをフラットベットと言います。フラット(flat)は日本語に直すと、平らという意味なので、日本語名は、平さんにしましょう。

さらに、彼はベーシックストラテジー(BS)を遵守するプレイヤーでもあります。だから、ディーラーのアップカードが6に対して、ハンド12は必ずステイします。

ステイとは、カードをこれ以上は引かないということです。スタンドとも言います。

では、平さんの1回戦です。勝敗はいかに・・・。


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 1枚ずつ賭けるプレイヤー①

 

今回、僕が研究したいことは、フラットベットでどのくらいまでチップを増やすことができるのかということです。僕の経験則から、おそらく2倍くらいまでしかいかない気がします。

カジノでは、ブラックジャックの勝率は約48%だと言われています。50%にならない理由は、カジノ側の儲けを考慮するためです。つまり、約2%がハウスエッジ、カジノ側の取り分ということです。

一般に、カジノで長い時間プレーするほど、プレイヤーはこのハウスエッジのために損失が増えていく傾向にあります。逆に、短時間のプレーであれば、確率の発散により、運が良ければ、理論上での勝率の48%よりも大きく上回る勝率になったりします。

もし、ミスターフラット(平さん)のチップが最大で2倍程度までしか伸びないなら、2倍がゲームの引き際の目安となるでしょう。