カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

10のペア対ディーラー9

これを分ける心境って?

f:id:nokkie170111:20170623162639j:plain

 どうも、ブラックジャック研究好きのノッキーです。

 

今回は、ディーラーのアップカードが9のとき、プレイヤーの10のスプリット検証をします。

ベーシックストラテジーBS)では、どんな状況であっても10のスプリットはしません

理由は言うまでもないでしょうが、「ハンド20で十分だろ。」ってことですね。

 

しかし、10を分ける人は少数ながら存在します。

彼らはなぜ、10を分けるのでしょうか?

 

まずは、ホールカードスタイルで検証してみました。


[Blackjack Strategy] Two 10s vs Dealer’s 9

 

動画では20回分のデータをとり、その後、30回分のデータをとりました。

次のグラフは全50回分の結果を示しています。

f:id:nokkie170111:20170623163304j:plain

 

f:id:nokkie170111:20170623163317j:plain

 

次に、3カ月くらい前にとった50回分のデータをもとに、結果をグラフで表します。

f:id:nokkie170111:20170623163527j:plain

 

f:id:nokkie170111:20170623163541j:plain

 

最後に、全100回分のデータから得た結果を、次に示します。

f:id:nokkie170111:20170623163618j:plain

今までに描いたことのない円グラフとなりました。

結果は一目瞭然です。

5回に4回は勝てますねえ。

検証中、プレイヤーは目を瞑っても勝てることが多かったです。

(ディーラー2枚目で17~19となり、即スタンド。)

 

f:id:nokkie170111:20170623163631j:plain

こちらは、予想通りじゃないでしょうか?

負ける確率に注目すれば、7割くらいは負けないってことが分かります。

しかし、ステイのグラフを見れば、そんなことはメリットに思えません。

 

引き分けを除いた勝率は、

ステイが92%スプリットが56%でした。

 

チップの増減は、

ステイが+74枚スプリットが+20枚でした。

(ベット額:毎回1枚ずつ)

 

まとめると、絶対にステイすべきだということです

 

ステイの勝率が9割超えとは・・・。

結局、スプリットするプレイヤーは初心者が大半なのかもしれません。

あるいは、単にスプリット好きという可能性もあります。

 

今回は以上です。

参考になれば幸いです。

では、良い週末を。

 


人気ブログランキング