カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

7のペア対ディーラー2

「分けた方がマシだろうな。」

f:id:nokkie170111:20170620090246j:plain

 どうも、ノッキーです。

 

そろそろ梅雨らしい天気になるらしいですね。

しかも、結構降るとのことですが・・・。

そんな天気は、家の値打ちが高まると思いませんか?

何か落ち着くんですよね。

 

それはさておき、今回のテーマは戦略についてです。

ディーラーのアップカードが2のときの7のペアなんですが、ベーシックストラテジーでは、この場合、スプリットが推奨されています

 

 あまり乗り気がしないスプリットというわけなのか、ハンド14としてステイを躊躇なくするプレイヤーも多いのではないでしょうか?

 

 2つの選択で、結果にどの程度の違いが出るものなのかと思い、検証をすることにしました。

 

まずは、ノーホールカードスタイルで行いました。


[ブラックジャックの戦略]7のペア対ディーラー2

 最初の20回のデータ(動画分)だけで考えると、結果に差が出ました。

 

データ50回分の詳しい結果については、次のグラフを参照してください。

f:id:nokkie170111:20170620090120j:plain

 

f:id:nokkie170111:20170620090133j:plain

 

次に、ホールカードスタイルでやってみました。

今回の検証では、スタイルを分ける必要性はあまりないのですが・・・。

データ収集する立場から、単に気分転換という理由です。


[Blackjack Strategy] Two 7s vs Dealer’s 2

こちらは、最初の20回(動画分)だけでは、結果にあまり差が表れませんでした。

 

データ50回分の詳しい結果については、次のグラフを参照してください。

f:id:nokkie170111:20170620090144j:plain

 

f:id:nokkie170111:20170620090157j:plain

 

最後に、全100回分の結果を示したグラフです。

f:id:nokkie170111:20170620090209j:plain

負ける確率は2分の1と、覚えやすいです。

特記するべきこととして、100回中11回が3単位以上の勝ちでした。

例えば、一方のハンドがスプリット後のダブルでの勝利、他方のハンドはふつうの勝利

1回だけ4単位の勝ちがありました。

 

f:id:nokkie170111:20170620090216j:plain

7のペアをステイするということは、言い換えると、ハンド14のステイということです。

つまり、上のグラフは、ハンド14対ディーラー2のステイの結果も示しています。

約3分の2が負けなんですね。

 

全100回分から、引き分けを除いた勝率は、スプリットが45%ステイが34%でした。

また、チップの増減は、スプリットが-3枚ステイが-32枚でした。(大差!!)

 

 

BS通りにスプリットした方がベターであるようです。

 

今回は以上です。

役立てば幸いです。

1000字以内で収まりました。(珍)

それでは、またの機会に。

お疲れさまでした。

 


人気ブログランキング