カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

ディーラーの真似をしたらどうなる?

どうも、ブラックジャックファンのノッキーです。

 

今日は検証ではなく、雑談として記事を書くつもりです。

米国人によるツイートでこんなのがありました。

f:id:nokkie170111:20170710182007j:plain

ディーラーと同じようにプレーですれば、ハウスエッジは4.6%になるとのこと。

※ハウスエッジとは、カジノ側の取り分のこと。

例えば、100ドル賭ければ、その4.6%の相当額である4.6ドルはカジノ側に納めているということです。

 

これは、ベーシックストラテジーBS)で勝負する場合の約5~10倍に相当します。

そこまで不利だとは思いませんでした。

 

ディーラーは、ハンド12~16では必ずヒットしなければならないで、バースト負けが頻発するときがあります。

また、スプリットやダブルはしません

そう考えれば、ハウスエッジ4.6%は納得がいきます。

 

逆に、BSで勝負した場合のハウスエッジの低さに驚きませんか?

ホールカードか否か、サレンダー有りか否か、スプリットは何回まで可能か、などの細かな要素に左右されますが、おおよそ1%前後らしいです。

 

つまり、還元率が99%前後だということになります。

ここまでプレイヤーに有利なゲームは他にバカラくらいしか思いつきません。

日本のギャンブルなんて、アホらしくてやめたくなってしまいます。(特に、宝くじ)

(こんなことを書きつつ、ちょっとやってしまっている自分なんですが・・・。)

 

ディーラーの真似は禁じ手ですね。

仮に、プレイヤーがバーストしても負け確定とならず、ディーラーがバーストしたときに引き分けとなるなら、ハウスエッジはずっと狭まるでしょうね。

 

友人の話によると、オンラインカジノにはいろんなルールのブラックジャックがあるらしいです。

何でも、プレイヤーが5枚引いて21以内におさまっていれば、プレイヤーの勝ち確定になるものや、ディーラーのバーストは引き分けになるものなどがあるそうです。

 

そんなにルールをいろいろと変えられるのなら、プレイヤーのバーストにも引き分けになるルールがあってもいいと思います。

それなら、ディーラーの真似をしようって気になるプレイヤーが出てくるかもしれません。

 

結局、BSでのプレーが一番なのでしょうか?

僕は、BSよりも若干ベターかつ面白い戦略を構築しているところです。

そして、サードベースで挑む!

今は、たたかれても上手く交わせる練習をするべきですね。

 

本日は以上です。

読んでいただき、ありがとうございます。

 


人気ブログランキング