カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

段階式マーチンゲール法、いよいよフィナーレ。

どうも、ノッキーです。

 

れいのブラックジャック賭け方、今回で検証終了です。

『段階式マーチンゲール法セカンドヴァージョン』と打つのも今回で最後です。

初めての方は、こちらの記事に概要があります。

nokkieblackjack.hatenablog.com

 

いやあ~長い名前にしてしまったものです。

段マーⅡとか、短縮してもよかったです。

 

結論から書きますと、今回は、バンクロールを2倍にするという目標は達成できませんでした

天井は1.7倍でした。

以下、全シュー分の結果をまとめた、簡素な表でございます。

シュー スタート エンド 増減($)
1 3000 3025 25
2 3025 3650 625
3 3650 3800 150
4 3800 3825 25
5 3825 3900 75
6 3900 4300 400
7 4300 4400 100
8 4400 4750 350
9 4750 4775 25
10 4775 5125 350
11 5125 5025 -100
12 5025 4650 -375
13 4650 5250 600
14 5250 4700 -550
15 4700 4400 -300
16 4400 4200 -200
17 4200
18

 


[ブラックジャックの賭け方]段階式マーチンゲール法Ⅱ

 

ラストの5シュー分はすべてマイナス。

大暴落となってしまいました。

 

次は、簡素な折れ線グラフでございます。

後半の暴落ぶりが、視覚的にとらえやすいと思います。

f:id:nokkie170111:20170619132349j:plain

マーチンゲール法って、増えるときはじわじわと増え、減るときは短期間で大きく減る特徴がありますが、グラフから、まさにその特徴があてはまっていると言えます。

 

スタートアップケースのチップが無くなった時点(18シュー目)でのアーニングケースのチップはこれだけありました。

f:id:nokkie170111:20170619132953j:plain

2775ドルでした。

つまり、最初のバンクロール3000ドルと比べると、225ドルの損失です。

 

18シュー(500~600戦)もプレーできて、日本円で25000円程度の損失で済んだので、悪くない結果だと僕は思います。

これなら、カジノプログラムに参加すれば、コンプで損失をカバーできるかもしれません。

ベット額が50~150ドルですから、結構期待できるんじゃないでしょうか。

 

たらればを言えば、資産が5000ドルに達っしたときにやめていれば、2000ドルの利得でした。(今のレートだと、日本円で22万円くらい)

 

1回分の検証だけでは、悪くない結果だと明確に結論づけることはできませんが、悪くなさそうだとは言えます。

感情的になって大きく負ける、しかも短期間で退場させられる、なんて最悪のシナリオを考えれば、良さそうな賭け方ではないでしょうか。

 

あっ!1回分の検証じゃなかったです。

英語チャンネルの方で、ホールカードのスタイルでも行ったんでした。

こちらの結果も、以下、同様に示します。

 

結論から入ると、こちらもバンクロールを2倍にすることはできませんでした

ダメじゃん!

天井は1.68倍(細かっ!)でした。

 

次に資産の推移を示したグラフです。

f:id:nokkie170111:20170619134251j:plain

こちらも、前半はじり高でしたが、後半は急落しました。

マーチンゲール法の特徴が、やはり表れています。

しかも、天井が5000ドルくらいになるとは・・・。

こちらは、375ドルの損失でした。(3000→2625、全22シュー)

 

最後に、両方の検証結果から言えることをまとめます。

★バンクロールの約1.7倍が天井である。

★増えるときはゆっくりと増え、減るときは急に減る。

★実現可能な利得に対して、損失をかなり小さく抑えられる。

 (2000ドルの利得に対して、損失額は200~400ドル程度)

 

もっと試行回数を増やして、明確な答えがほしいところです。

ひとりで行うのは骨が折れそうになるし、時間も要します。

皆さん、よかったら、オンラインカジノのデモプレーとかで試してみてもらえませんか?

そして、どんな結果になったのかを教えてもえらえれば、助かります。

 


人気ブログランキング