カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

2箇所に5%ベット法

「2つのハンドに分散させて賭けるのはどうか?」

どうも、ノッキーです。

 

今回のブラックジャック検証は、賭け方についてです。

 

前回は、1箇所にバンクロールの10%を賭ける検証を行いました。

nokkieblackjack.hatenablog.com

 

今回は、2ボックス使用で、バンクロールの5%ずつを賭ける方法の検証です。

 

ルール

プレイヤーは120枚からスタート、1枚=5ドルとします。つまり、バンクロールは600ドルです。

毎回、バンクロールの5%にあたる枚数を、2箇所に賭けます。(ベット単位は2枚)

目標は、バンクロールを倍増させることです。

逆に、半減すれば失敗とします。

 

まずは、検証動画のパート1です。

再生時間数は15分以内です。


Bet 5% of the bankroll on 2 boxes (Part 01)

 

次に、パート2(つづき)です。

再生時間数は10分くらいです。


Bet 5% of the bankroll on 2 boxes (Part 02)

 

次に、パート3(つづき)です。

再生時間数は18分です。


Bet 5% of the bankroll on 2 boxes (Part 03)

 

次に、パート4(つづき)です。

再生時間数は20分です。


Bet 5% of the bankroll on 2 boxes (Part 04)

 

最後に、パート5(完結)です。

再生時間数は4分です。

動画での検証は、100ゲームで終了としました。


[Blackjack] 2BOX-5%-Betting System Last Part

 

検証結果について、バンクロールの推移をグラフ化します。

50ラウンドごとにグラフを描いてみました。

f:id:nokkie170111:20170718154307j:plain

好調な出だしでしたが、150枚を上限にそこから大きく反落しました。

スタートが120枚なので、+30枚までしか伸びませんでした。

後半はハラハラする展開となりました。

何せ、60枚に半減したら失敗となってしまいますから・・・。

 

f:id:nokkie170111:20170718154641j:plain

次の50ラウンド分では、奇跡の脱却が起こりました!

脱却して元の水準に戻るだけでなく、そこから上昇基調が継続。

上限は192枚でした。(スタートと比べると+72枚)

 

動画で100ラウンド分撮り終えた後、きちんと結果を求めるため、検証を続けました。

以下、101ラウンド以降の結果です。

 

f:id:nokkie170111:20170718155007j:plain

前半はシーソーゲーム(一進一退)が続きました。

そのレンジは120枚から160枚。

スタートの水準は常に上回っていました。

しかし、その後、下落に転じ、再び危機が到来!

低位もみ合いとなりました。

 

f:id:nokkie170111:20170718155311j:plain

その後もしばらくハラハラするもみ合いは続きました。

2度も奇跡か!?と思いきや、上方向に伸び出すも最初の水準の120枚には戻りませんでした。

100枚ちょい超えを上限に、そこから再び反落。

今度こそやられる感じがしたところで、200ラウンドが終了しました。

 

そして、数日空けてから、検証を再開しました。

いったい、何ラウンドまで続くんだろうか?」と疑問に思うのも束の間、

何と、204ラウンドで終止符を打つことになりました。

 

結果は書くまでもありませんが、失敗です。

60枚に達してしまいました。

とは言っても、204ラウンドもプレーしました。

リアルカジノだと、どのくらいの時間を費やしたのでしょうか?

 

ディーラーと1対1として、1ラウンド30秒として計算してみます。

30秒×204ラウンド=6120秒=102分=1時間42分

大した時間じゃないですね。

でも、エネルギーの消費はかなりのものだと思われます。

 

今回は1枚=5ドルとして考えていますから、-60枚(120→60)、つまり300ドルの損失です。ちょっと痛いですね。

 

上限の枚数は192枚でしたから、こんなことは稀でしょうが、192枚でやめていたら、+72枚、つまり360ドルの利得でした。

 

損失と利得の比率は、300:360=5:6なので、損失額の1.2倍が上限だとなっています。

今回の検証はたった1回の結果しか得られていないので、いろいろと結論付けるのは時期尚早ですが、損失額と同じ額だけの利得を目標とするのがいいかもしれません

 

また、300ドルの損失を取り返すために、マーチンゲール法を取り入れて、1枚=10ドルで再度挑戦するのも1つの方法です。

この場合は、金管理が重要となりますが・・・。

 

また、このタイプの検証が発展したら、ブログに記そうと思っています。

 

今回は以上です。

役立つ情報なら、幸いです。

目を通していただき、ありがとうございます。

 


人気ブログランキ