カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

4のペア対ディーラー6

「これは4単位勝ち狙えるかも。」

f:id:nokkie170111:20170714144030j:plain

どうも、ノッキーです。

 

今回のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードが6のときの4のペアについてです。

以前、同じ検証をしましたが、今回はデータの数を増やして、まとめに入ろうと思います。

 

ベーシックストラテジーでは、この場合、スプリットが推奨されています。

しかし、ハンド8としてふつうにヒットするプレイヤーもいます

 

検証の動画は、ホールカードスタイルで行いました。

試行回数は20、視聴時間は15分くらいです。


“Split two 4s against Dealer’s 6.” says BS.

 

以前のものと合わせて、100のデータから結果を求めました。

f:id:nokkie170111:20170714144442j:plain

予想以上にいい結果じゃないですか?

これなら、4のスプリットを前向きにやろうって思えますね。

 

f:id:nokkie170111:20170714144452j:plain

ここまでで、2つの結果はほぼ同じです。

では、何か差はあるのでしょうか?

 

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが63ヒットが59でした。

 

チップの増減は、

スプリットが+43ヒットが+17枚でした。

(ベット額:毎回1枚ずつ)

 

まとめると、BS通りにスプリットする方がベターす。

チップの増減から、スプリットにより大きく稼げる可能性があると思われます。

 

スプリットの魅力は、その後のダブルのチャンスです。

 

4を分けて、5、6、7のいずれかを引けばチャンス到来です。

(ホールカードスタイルだと、ソフトハンドでのダブルもOKとしています。)

理論的には、少なくともどちらかのハンドにダブル目が入る確率は約4割もあります。

 

次のグラフは、3単位勝ちの勝敗の率を示しています。

f:id:nokkie170111:20170714144847j:plain

全100回のうち、37回が3単位のチャンスとなり、そのうち23回が勝ちとなりました。

その内、5回は4単位勝ちでした。

逆に、4単位負けは1回だけありました。

やはり、ディーラー6は弱いってことです。

ディーラーが弱いときは、「ガンガンいこうぜっ!」ですね。

 

 

今回はここまでです。

参考になれば、幸いです。

 


人気ブログランキング