ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

負けるぞ!イレブンダブル

イレブンダブル ダブル ダブルアップ ディーラーのアップカード ヒット ブラックジャック ベーシックストラテジー 勝率 検証 BS BJ オーストラリア式

こんにちは、ノッキーです。

今年からブラックジャックの検証動画とブログを始めてまだまだ初心者なのですが、動画のチャンネル登録をはじめていただきました。とても嬉しいです。やっぱ、0と1とでは雲泥の差があります。僕自身のモチベーションが上がり、さらに良いものを創ろうという気持ちにさせてくれます。最近、動画の質を上げるために、いろいろと新しいことを学びました。終了画面、アノテーション、テロップなど・・・。少しずつ進化させるつもりでいます。

 

それはさておき、今回はダブルアップ検証をしました。最強のダブルハンドと言えば、イレブンダブルですよね。例えば、5+6、3+8などのハンドです。そのときのディーラーのアップカードがエースのとき、皆さんはダブルアップしますか?

はい、今回はディーラーのアップカードがAのときのイレブンダブルの検証です。

ベーシックストラテジー(BS)だと、ダブルはしません。普通にヒットするのが推奨されています。果たして、ダブルと普通のヒットとではどのような差が生まれるのか?

検証は次の2つのケースについて行います。

CASE1 ヒット(BS通り)

CASE2 ダブル


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 イレブンダブル(ディーラーA)

 

データをとって、勝率とチップの増減を計算してみました。

CASE1のヒット(BS)の勝率は25%でマイナス4枚

CASE2のダブルの勝率は約44%でマイナス2枚でした。

10回分のデータだけで言えることは、なぜなのか、ダブルの方が良い成果が出ました。たまたまなのかもしれませんが、想定外の数字に驚いています。

エース相手に、イレブンダブルしてもねえ・・・。って普通は考えますよね。

 

確率の精度を上げるために、もっとサンプル数を増やしてデータを更新するつもりです。

★追記(20回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率80%、チップの増減プラス6枚

CASE2 ダブル 

勝率50%、チップの増減0枚

 この10回分では、ヒットの勝率が異常に高かったです。勝因は、ディーラーの方に10のカードがあまり回らなく、プレイヤーのハンドがそこそこ良かったことです。結構いい方に確率が傾いていると思われます。

 

そして、トータル(20回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率約56%、チップの増減プラス2枚

CASE2 ダブル 

勝率約47%、チップの増減マイナス2枚

この20回分では、やはりBS通り普通にヒットした方がいいようです。ダブルの結果が予想外に高いと思いませんか?ディーラーがBJのときは、ベット額全て没収という厳しいルールで算出しているのですが・・・。

 

★追記(30回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率50%、チップの増減0枚

CASE2 ダブル 

勝率50%、チップの増減0枚

どちらのケースも5勝5敗で完全にイーブンとなりました。ディーラーAを相手に、まずまずの結果ではないでしょうか?

 

そして、トータル(30回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率約54%、チップの増減プラス2枚

CASE2 ダブル 

勝率約48%、チップの増減マイナス2枚

勝率はさほど変わりませんが、試行回数を重ねる度にチップの増減の開きが大きくなるかもしれません。ディーラーがBJのときに、チップが2倍減りますから・・・。一番厳しいルールですね。オーストラリア式だと、この場合、オリジナルベットしかとられないのですが・・・。