カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

16対ディーラー7

「2でいいから出てきておくれ。」

f:id:nokkie170111:20170718183405j:plain

どうも、ノッキーです。

 

本日のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードが7のときの16です。

 これは以前にも行ったものですが、今回、新たにデータをとり直しました。

最近している検証と条件を合わせるために。

 

ベーシックストラテジーBS)では、この場合、ヒットが推奨されています。

ディーラー7に対しては、ハンド16以下は必ずヒットとなっています。

 

僕がBSを知ってから、16でヒットするのは仕方ないことだと割り切っていましたが、検証をし始めてから、その考えが揺らいできています。

やはり、バースト率高いですね。

16でヒットって、5以下のカードを引かなければいけませんから。

 

16でステイするプレイヤーの気持ちが今はよく分かります。

しかし、ディーラーのアップカードが7ですから、16でステイするとディーラー17で簡単に負ける気がしてしまいます。

一体、どちらの選択がマシなのでしょうか?

 

検証の動画は、前半はホールカードスタイル、後半がノーホールカードスタイルです。

100シーンから20シーンをセレクトしました。

視聴時間は8分くらいです。


“Hit 16 against Dealer’s 7.” says BS.

 

全100回分のデータから得た結果です。

f:id:nokkie170111:20170718184156j:plain

何と高い負け率なんでしょう!

その率の大半は、バースト負けです。

理論的には、13分の8(61.5%)でバーストになります。

改めて厳しい状況だと思いました。

 

f:id:nokkie170111:20170718184205j:plain

何と、勝率はヒットの場合と同じになりました。

以前は、もっと悪いだろうって思っていたのですが・・・。

結局、どちらの選択がマシなのか分かりませんねえ。

 

引き分けを除いた勝率は、

ヒットが29%ステイが27%でした。

 

チップの増減は、

ヒットが-78枚ステイが-92枚サレンダーが-100枚でした。

(ベット額は毎回2枚ずつ)

  

まとめると、BSどおりにヒットするのが多少マシです。

プレイヤーに不利な状況であることには変わりなく、負けを覚悟するべきですね。

 

ここはカードを推測するのが良さそうですが、それにも明確なルールが必要でしょうね。

ついていないときって、裏目裏目になってしまいますから。

まあ、そんなときもあるか。」って寛大なメンタルで挑みたいです。

 

 

今回はここまでです。

参考になれば、幸いです。

読んでいただき、ありがとうございます。

 

 


人気ブログランキング