カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

10%ベット法

「毎回、資産の10%を賭けるのはどうか?」

どうも、ノッキーです。

 

今回の検証は、賭け方についてです。

株やFX投資では、毎回のトレードでの損失を総資産の5%にするとか、10%にするとかいろいろと本やネットなどで紹介されています。

それをカジノゲームでも活かせるかどうかが気になったので、ブラックジャックで検証を行うことにしました。

 

ルール

プレイヤーは100枚からスタート、1枚=5ドルとします。つまり、バンクロールは500ドルです。

毎回、バンクロールの10%にあたる枚数を賭けます。(ベット単位は2枚)

目標は、バンクロールを倍増させることです。

逆に、半減すれば、マーチンゲール法により、1枚=10ドルとして取り返しに入ります

 

まずは、検証動画のパート1です。

再生時間数は5分以内です。


Bet 10% of the bankroll (Part 1)

 

次に、パート2です。

こちらの再生時間数は、13分くらいです。


Bet 10% of the bankroll (Part 2)

 

今回はすんなりパート2で終了としました。

結果は動画の最後の部分にあります。

まだ、1回しか試していないので、もっと試す必要があります。

 

実践の場でどのように使えるのかを、書きだしてみます。

 

韓国のカジノで試すなら、まずは第1段階として、バンクロール20万Wからスタート。

最初のベット額は2万W、負けて18万Wになれば、その10%で1.8万Wですが、単位が1万W単位でなければ賭けられないはずなので、小数点以下は切り捨てとして、1万Wを賭ける。

そして、バンクロールが10万Wに半減してしまえば、第1段階は失敗とする。

逆に、40万Wに倍増すれば成功とし、一旦退席して一服する。

 

第2段階では、バンクロール40万Wからスタート。

最初のベット額が4万W、賭け方は第1段階と同様。

運悪く、20万Wに半減してしまえば、第2段階も失敗とする。

逆に、60万Wに1.5倍増なれば、第1段階の損失を取り返せたので、第1段階に戻る

 

こんなふうに10%ベット法マーチンゲール法を組み合わせれば、ローリスク長時間遊べて、しかも明確な目標額があるので充実したプレーができそうに思えます。

 

自分がどれだけ投資できるのかによって、第何段階まで許容するのかが決まります。

少なくとも、第3段階までは設定しておきたいところです。

第3段階のバンクロールを60万Wに設定したなら、投資額が120万W(約12万円くらい?)になります。

 

 

オーストラリアケアンズ)のカジノプログラムに参加して試すなら、5千ドル相当分のフロントマネーが必要ですから、それに少し足して6千ドルを投資額とします。(第3段階を最大とする)

 

第1段階では、1000ドルスタート。

最初のベット額は100ドルで、負けて900ドルになれば、その10%の90ドルが次のベット額。

これが運悪く500ドルに半減すれば、第1段階は失敗として、第2段階に進む

このとき、一旦テーブルを離れて一服して時間をおいた方がいいかもしれません。

逆に、2000ドルに倍増すれば、成功として、この場合も一旦退席するべきでしょうね。

 

第2段階では、2000ドルスタート。

第1段階の損失分の500ドル以上をとり返したら、第1段階に戻る

(どのタイミングで段階を引き下げるのかを前もって決めておく。)

 

これなら、コンプの条件となる平均ベット額の50ドルを満たせます。

ゲームが一進一退を続ければ続けるほど、コンプは貯まっていくので面白そうです。

(相場のもみ合いは、スワップ狙いのトレーダーにとって嬉しいのと同様です。)

 

 

オンラインカジノのデモで、上記のベット比率で試してみようと思います。

第3段階で敗北した場合どうなるのか第1段階で倍増を通り越してどこまで伸ばせるのか、などが気になります。

また、新たなことを発見したら、レポートするつもりです。

 

今日はここまでとします。

読んでいただき、ありがとうございます。

 


人気ブログランキング