カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

3のペア対ディーラー6

「このスプリットは稼ぎ時か?」

f:id:nokkie170111:20170704142343j:plain

どうも、ノッキーです。

 

今回のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードが6のときの3のペアについてです。

以前、同じ検証をしましたが、今回はデータの数を増やして、まとめに入ろうと思います。

 

ベーシックストラテジーでは、この場合、スプリットが推奨されています。

しかし、ハンド6としてふつうにヒットするプレイヤーもいます

スプリットとヒットとでは、結果にどのくらいの違いが出るものなんでしょうか。

 

検証の動画は、ホールカードスタイルで行いました。

試行回数は20、視聴時間は15分くらいです。


[Blackjack Strategy] Two 3s vs Dealer’s 6

 

以前のものと合わせて、100のデータから結果を求めました。

f:id:nokkie170111:20170704142428j:plain

 勝率はもうちょっと高くなるのではないかと思っていましたが・・・。

3を分けて、次に9や10が出て、ハンド12や13でステイする流れが多かったことが影響しているのかもしれません。

 

f:id:nokkie170111:20170704142446j:plain

 2つの選択に、大差はないようです。

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが46%ヒットが48でした。

 

チップの増減は、

スプリットが-11枚ヒットが-4枚でした。

(ベット額:毎回1枚ずつ)

 

まとめると、BSに反して、ヒットする方が若干マシであるようです。

 

スプリットのメリットは、スプリット後のダブルのチャンスです。

 

3を分けて、6、7、8のいずれかを引けば好機到来です。

(ホールカードスタイルだと、ソフトハンドでのダブルもOKとしました。)

結構高い確率で、そのチャンスがやってきます。

次のグラフは、3単位勝ちの結果を示しています。

f:id:nokkie170111:20170704142500j:plain

全100回のうち、31回が3単位の勝ち・負けとなり、そのうち16回が勝ちとなりました。

(内、2回は4単位勝ち)

 

ゲームの流れ次第って感じの結果なので、これぞまさにギャンブルですね。

検証結果から、2つの選択に大差はないので、流れが良いと感じたときは、ガンガン攻めるのも面白そうです。

 

今回はここまでです。

参考になれば、幸いです。

 


人気ブログランキング