カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

戦略対戦(ビビり戦略vsディーラーを真似る戦略)

どうも、ノッキーです。

 

今回は、戦略対戦です。

次の2つの戦略のうち、どちらが勝ちやすいと思いますか?

 

東軍 ビビりの戦略(Coward Strategy)

1 ハンド12以上になれば、ディーラーのアップカードによらずステイする。

  「バーストがこわい。」って泣いています。(汗)

2 ダブルやスプリットは一切しません。

  「たくさん賭けるのこわい。」ってうじうじしています。

※先日の守りに徹する戦略(Defensive Strategy)と似ていますが、Defensiveは「サレンダー!」と堂々と叫びますが、Cowardにはそんなはっきりとした決定ができない点で違っています。

 

西軍 マネしいの戦略(Mimicry Strategy)

1 ハンド16以下では必ずヒットします。

2 ハンド17以上では必ずステイします。

※結局、ディーラーの戦略をマネているだけなのです。

ドラクエなら、モシャスって呪文ですかねえ。

 

どちらの戦略が有効なのかを、ホールカードスタイルで検証することにしました。

動画は、試行数25、時間数は10分くらいです。

興味があれば、どうぞ。


[BJ Strategy Match] Coward vs Mimicry

 

さらに、75のデータをとりました。

f:id:nokkie170111:20170627210356j:plain

 

全100回分のデータから得た結果です。

f:id:nokkie170111:20170627144642j:plain

 負けない確率はおおよそ2分の1です。

特記すべきことは、バースト負けが一切ないことです。

 

f:id:nokkie170111:20170627144653j:plain

ビビりのCowardとは対照的に、調子が悪いときはバーストしまくりでした。

その割には、勝率はまあまあ高くないですか?

 

引き分けを除いた勝率は、

Cowardが48%Mimicryが56%でした。

 

チップの増減は、

Cowardが-3枚Mimicryが+11枚でした。

 

まとめると、ディーラーのマネしいの方がビビりさんよりもベターです。

でも、ビビりの結果がそんなに悪いわけではなかったですが・・・。

 

ビビりは少し勇敢になれば、改善されるかもしれません。

例えば、ハンド12は目を瞑ってもらってヒットするとか。

いつか、成長して再登場するかもしれませんので、そのときは応援してあげましょう。

 

今回は以上です。

妄想話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

戦略を立てる手助けになれば、幸いです。

では、またの機会に。

 


人気ブログランキング