カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

戦略対戦(守り過ぎvs攻め過ぎ)

 どうも、ノッキーです。

 

今回は、戦略対戦です。

1つは、守りに徹する戦略Defensive(ディフェンスィヴ)です。

① ハンド12以上になると、ディーラーのアップカードが2から6のときはステイ、7からエースのときはサレンダ―をする。

② ダブルやスプリットは一切しない。

 

もう1つは、攻めに徹する戦略Aggressive(アグレスィヴ)です。

① ハンド17までは、ディーラーのアップカードに関係なくヒットする。

② ダブルやスプリットは許される限り(最初の2枚が9,10,11のみ)行う。

 

DefensiveAggressiveとでは、どちらが勝ちやすいと思いますか?

 

ホールカードスタイルで検証してみました。

試行回数は25回、動画の時間数は10分程度です。

興味があれば、どうぞ。


[Blackjack Experiment] Strategy Match (Defensive vs Aggressive)

 

動画を撮り終えたあと、さらに75回の試行を重ね、全100回分のデータから結果を出してみました。まずは、守りに徹するDefensiveの結果です。

f:id:nokkie170111:20170627142210j:plain

やたらとサレンダーと叫ぶことになりました。

100回中、34回が「サレンダー!」ですから。

ハンド12対ディーラー7でも、「サレンダー。」ですから、笑ってしまいます。

 

しかし、笑ってはいけませんでした。

次のグラフからも分かるように、サレンダーの成功率がかなり良かったのです。

f:id:nokkie170111:20170627142230j:plain

4回に3回は上手くいった!

笑うんじゃなくて、拍手するべきでした。

 

次に攻めに徹するAggressiveの結果です。

f:id:nokkie170111:20170627142220j:plain

こちらは、一切サレンダーを口にしない代わりに、ディーラーエースでナインダブルをしたり、ディーラー10で3のスプリットをしたり、かなり無茶をすることで目立っていました。

結果はパッとせず・・・。

 

引き分けを除いた勝率は、

Defensiveが28%Aggressiveが32%でした。

 

チップの増減は、

Defensiveが-49枚Aggressiveが-63枚でした。

(ベット額:毎回2枚ずつ)

 

まとめると、どちらの戦略も勝つために有効とは言えません

しかし、どこかを変えたら、改善されるかもしれません。

 

結局、いつサレンダーやダブル、スプリットをしたらいいのか、それが問題です。

やはり、BSがベストなのかもしれません。

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

 


人気ブログランキング