カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

7のペア対ディーラー7

「これは、引き分け狙いでいこう。」

f:id:nokkie170111:20170627193928j:plain

 どうも、ノッキーです。

 

スリーセブン、日本ではパチンコやパチスロでの大当たりとされているラッキーナンバーですね。

でも、ブラックジャックではラッキーとは言い難いです。

この場合、ベーシックストラテジーBS)では、スプリットが推奨されています

しかし、7を分けて厄介な展開を想定して、ハンド14としてヒットしたり、まれにステイしたりするプレイヤーもいます

 

僕の場合は、消去法でスプリットを躊躇なく選んできました。

BSに従っているわけですが、果たしてどのくらいの勝率があるんでしょうか。

 

というわけで、いつもどおり検証をしました。

試行回数は100です。(いつもの動画は無し)←「いつもどおりじゃないじゃないか!

f:id:nokkie170111:20170627164746j:plain

 

上記の100回分のデータから得た結果を示します。

f:id:nokkie170111:20170627144935j:plain

負けない確率は大体2分の1ですね。

引き分けになるパターンでイメージするのは、両ハンドとも10が出て17、ディーラーも10を引いて17ですが、意外とそのパターンは少なかったです。

理論上だと、その3箇所とも10が出る確率は3%くらいですからねえ。

 

f:id:nokkie170111:20170627144950j:plain

 これはディーラーのアップカードに関係なく、ハンド14でのヒットの結果も示しています

やはり不利ですね。

運良く7以下のカードが引けたとしても、勝ちが確定するわけではありませんから。

 

f:id:nokkie170111:20170627145044j:plain

これは論外ですね。

 

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが42%ヒットが29%ステイが22%でした。

 

チップの増減は、

スプリットが-25枚ヒットが-41枚ステイが-56枚でした。

(ベット額は毎回1まいずつ)

 

まとめると、スプリットがいちばんマシな選択です

やはり、BS通りするべきですね。

 

最後に、このグラフは3単位勝ちの成功率を示しています。

f:id:nokkie170111:20170627145126j:plain

 スプリット後に、3や4を引けば、ダブルのチャンスになり、3単位、稀に4単位を賭けた大勝負がやってきます。

今回の100回のデータからは、あまり良いとは言えない結果でした。

まあ、ディーラー7ですから、プレイヤーのハンドは18以上にしなければ3単位以上の勝ちというのは厳しそうです。

3単位の勝敗のパターンを少し動画にとってみました。

興味があれば、どうぞ。

視聴時間は数分程度です。


[BJ 3-unit bet] Split 7s vs Dealer’s 7

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

では、またの機会に。

 


人気ブログランキング