カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

9のペア対ディーラー2

ナインダブルっぽいですね。

f:id:nokkie170111:20170625160634j:plain

どうも、ノッキーです。

 

今回のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードが2のときの9のペアについてです。

同じものを前に行いましたが、今回はまとめに入ろうと思います。

 

ベーシックストラテジーでは、この場合、スプリットが推奨されています。

しかし、ハンド18としてステイするプレイヤーもいます

 

スプリットとステイとでは、結果にどのくらいの違いが出るものなんでしょうか。

以前のものと合わせて、100のデータから結果を求めました。

f:id:nokkie170111:20170625161211j:plain

 

結果を円グラフで示します。

f:id:nokkie170111:20170625161256j:plain

負けない確率は半分ちょいってところですね。

 

f:id:nokkie170111:20170625161309j:plain

勝率は意外と良かったです。

これは、ハンド18対ディーラー2の場合の結果にもなっています

言いかえると、ディーラー2から17またはバーストになる確率が55%ってことですね。

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが49%ステイが60%でした。

 

チップの増減は、

スプリットが+6枚ステイが+18枚でした。

(ベット額:毎回1枚ずつ)

 

まとめると、BSに反して、ステイする方がベターです。

 

さらに、3単位の勝敗について研究してみました。

スプリットのメリットは、スプリット後のダブルのチャンスです。

ただ、9のスプリットの場合は、次に2を引かなければいけないんですね。

エースを引いた場合、ソフト20でのダブルはBSでは推奨されていないので、考えません。

 

そこで、どんな勝敗のパターンがあるのか、動画を撮ってみました。

視聴時間は3~4分です。

特に、初心者の方、参考にしてみてください。


[Blackjack Examples] Split 9s vs Dealer’s 2

 

3単位勝ちの成功率はこんな感じです。

f:id:nokkie170111:20170625163204j:plain

発生件数は、100回中13回と少なかったです。

イレブンダブルしか該当しないので、仕方ないことです。

確率の偏りを考慮して、成功率は2分の1以上は期待できそうです。

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

 オンラインカジノのデモとでかで試してみてください。

 

 


人気ブログランキング