カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

6のペア対ディーラー2

スプリットからのダブル来い!

f:id:nokkie170111:20170624165334j:plain

 どうも、ブラックジャックファンのノッキーです。

 

今回は、ディーラーのアップカードが2のときの6のペアについて、戦略検証をするのですが、これは以前も行いました。

確認で書きますが、ベーシックストラテジーでは、この場合、スプリットが推奨されています。

 

以前のものと合わせて、100のデータから結果を求めました。

f:id:nokkie170111:20170624165925j:plain

 

視覚的にとらえやすいことで有名な円グラフを用いて、結果を示します。

f:id:nokkie170111:20170624170247j:plain

コメントしづらい結果です。

負けない確率は54%、半分ちょいですね。

 

f:id:nokkie170111:20170624170300j:plain

これは負けが優勢です。

12対ディーラー2のとき、ヒットすれば3回に1回は勝ちってことですね。

 

f:id:nokkie170111:20170624170317j:plain

 これも、ダメです。

12対ディーラー2のとき、ステイよりもヒットが推奨されていることが理解できます。

 

 

引き分けを除いた勝率は、

スプリットが47%ヒットが35%ステイが31%でした。

 

チップの増減は、

スプリットが-4枚ヒットが-21枚ステイが-23枚でした。

(ベット額:毎回1枚ずつ)

 

まとめると、スプリットが一番好ましい選択となります。

やはり、BS通りに選択するべきなんですね。

 

 

さらに、3単位の勝敗について研究してみました。

スプリットのメリットは、スプリット後のダブルのチャンスです。

そこで、どんな勝敗のパターンがあるのかについて、動画を撮ってみました。

視聴時間は5分程度です。

特に、初心者の方、参考にしてみてください。


[Blackjack Examples] Split 6s vs Dealer’s 2

 

次のグラフは3単位勝ちの成功率を示しています。

f:id:nokkie170111:20170624170926j:plain

何と、ちょうど半々という結果になりました。

発生率は24%だったので、4回のうち1回くらいは3単位勝負がやってきます

まあ、スプリット後に必ずダブルをしなければならないというわけではありません。

ただ、BSでは、ディーラー2に対しては10、11ダブルが推奨されているだけなのです。

 

今回は以上です。

参考になれば、幸いです。

 

データ版の記事は、よりシンプルにまとめたいと思っています。

後で見返したときに、分かりやすく確認できるのがいいですからねえ。

今までの記事を書き直ししなければ・・・。

 


人気ブログランキング