カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

この9のペア、ステイねえ?

どうも、ノッキーです。

 

本日は6月6日で、6のペアについてすればよかったのですが、気づくのが遅かったです。

何と、逆の9のペアにしてしまいました。

まあ、トランプの右下には6・6と並んでいるのですが。

 

今回のブラックジャックネタは、ディーラーのアップカードが10のときの9のペアについてです。

f:id:nokkie170111:20170606152642j:plain

 ベーシックストラテジーBS)では、ステイが推奨されています。

ここで確認ですが、9のペアは、ディーラーのアップカードが7,10、エースのときはステイです。

これはBSでの選択であり、すべてのプレイヤーがそうするわけではありませんね。

 

2点負けにも関わらず8のスプリットはしますが、1点負けのこの状況で9のスプリットはダメな結果になってしまうのでしょうか?

8のスプリットと9のスプリットでは、状況が違いますが、スプリット後のハンド強さだけを考えれば、後者の方が有利ではないでしょうか?

 

というわけで、ステイとスプリットを交互に行う実践テストをしてみました。

まずは、ルールの甘い方のホールカードスタイルです。(試行回数20)


[Blackjack Strategy] Is stay better than split? (Two 9s vs Dealer’s 10)

 

 対ディーラー10で、9のペアでステイ、つまり18でステイして勝負するときの勝敗は、おおよそ五分五分のようです。

まあ、2点負けですからねえ。

 

次に、ヨーロピアンスタイルノーホールカード)での20回です。

ディーラーBJのとき、スプリットハンドによって2単位以上取られる可能性がある方です。


[ブラックジャックの攻略]ステイはスプリットよりもベター?(9のペア対ディーラー10)

 

こちらは、スプリットBS外し)の方の結果が良かったです。

 

トータル(40回分)の結果は以下のとおりです。

ヒットの勝率(引き分け除く)は約45%、チップの増減はマイナス3枚(40→37)

次のグラフは、引き分けを考慮したときの勝率を示しています。

f:id:nokkie170111:20170606152702j:plain

 

ダブルの勝率(引き分け除く)は約58%、チップの増減はプラス13枚(40→53)

そして、引き分けを考慮した勝率は以下のグラフのとおりです。

f:id:nokkie170111:20170606152717j:plain

 

実践テストをした甲斐があったかもしれません。

この結果なら、スプリットした方がマシですねえ。

さらに試行回数を重ねて精度を上げるべきでしょうが、試行回数40は少なくもない数なので、おおよその目安となります。

時間があるときに、できれば100くらいはデータが欲しいところです。

まあ、それを動画にアップするつもりはありませんが。

 

今回は、ここまでとします。

いつもより、活字が少なかったと思います。(1100字程度)

読んでいただき、ありがとうございます。

 


人気ブログランキング