カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

段階式マーチンゲール法Ⅱ、かなり好調です!

おはようございます、BJにとりつかれている?ノッキーです。

 

日曜の午前、どのようにお過ごしですか?

まだ、お休みの方もたくさんいらっしゃるでしょう。

僕は、このところ早起きが習慣化していて、この時間は活動しています。

休日の早朝は物静かで、動画を撮るのに絶好の機会です。

 

動画と言えば、最近はブラックジャックのれいの賭け方実践テストを継続中です。

ということは、今のところ上手くいっているということです。

1つのシューが終わるたびに、ハンドシャッフルをしているのですが、ディーラーがしていたのを見よう見まねでやっています。

シャッフルマシーンがあれば、かなり便利になるんですがね。

購入する気はないですが、もし目の前にあったら、中がどうなっているのか確かめたいものです。

リアルカジノでプレーしていたとき、たまに中のカードがつまって故障の赤ランプがついて、それを直しているのを見たことがあります。

確か、中にはいくつものしきり(12区画くらい)があり、まるで観覧車のようでした。

その1つ1つの区画にカードが数枚入っていました。

どのようにシャッフルされているのかは謎でした。

 

それはさておき、本題に入ります。

今回もれいの賭け方、段階式マーチンゲール法ヴァージョンⅡの続きです。

f:id:nokkie170111:20170601163812j:plain

ルールについては、別記事(以下)にあるので、そちらでチェックをお願いします。


前回4シューが終了して、バンクロールがおよそ30%増えました!

好調な出だしだったと言えます。

 

今回は、5シュー目からの分です。

ヨーロピアンスタイルノーホールカード)の厳しい方で行っています。

まずは、5・6シュー目です。


[ブラックジャックの賭け方]段階式マーチンゲール法Ⅱ パート3

 

続いて、7・8シュー目です。


[ブラックジャックの賭け方]段階式マーチンゲール法Ⅱ パート4

 

動画で、各シューの終わりに結果を入れているので、そちらをチェックしてもらえれば分かるのですが、こんなに調子が良くていいものなのかと思っています。

シャッフルも同じ条件で行っているし、賭け方やベーシックストラテジーの遵守は100%遂行されています。

僕のイメージの中で、ディーラーと1対1の勝負は短時間で負けて終わってしまうというのがありましたが、あれはプレーがかなり下手だった時期のイメージなのでしょう。

当時は、1回1回のゲームに一喜一憂していました。

メンタルの管理がまるでなっていなかったです。

そのときはカジノデビューしてまもないころで、30歳前後でした。

 

その後、カジノでのプレーの経験と年齢を重ねていくうちに、どうすれば勝てるものなのかが何となく分かっていきました。

 

いつも記事で書いてきたことと重複しますが、

1 納得のいくルール設定とそれを100%実行すること。

2 メンタルの管理が十分にできること。

この2つが勝利を呼ぶための前提となるようです。

もちろん、ギャンブルですから、負けても当然です。

 

しかし、上記の2つの条件を満たしていないプレイヤーは上手く勝てるのでしょうか?

 

ルールなど特に無く、行きあたりばったりで勝負する。そして、勝敗に一喜一憂しすぎる。

勝ったときは気が大きくなり、ベット額を大きく上げていく。

普段はしないであろうダブルやスプリットも、ガンガンやっていく。

そんなときは、何をしても勝てると思い込んでしまうものなのでしょう。

 

負けたときは、悔しさや怒りの感情をむきだし、舌打ち、文句を言う、テーブルを叩くなどの行為に及ぶ。

資金が無くなれば、ATMでお金を引き出し、無理で不利なプレーをしてしまう。

ATMとカジノ間を何往復することか・・・。

 

僕はこのようなプレイヤーを何人も見てきたし、ぶっちゃけ僕自身も経験したことです。

こんなときって、冷静さを失ってしまっているので、勝利の女神はどこにもいません。

敗北の僕しかいません。(一応、ギャグです。)

 

僕は今年44歳になるのですが、15年くらい前の自分をとても恥ずかしく思います。

そんな恥ずかしい自分には2度と戻らない、今度はスマートプレーで勝利してやる。

たとえ負けたとしても、冷静なプレイヤーでいたいと強く願っています。

 

だから、今はとりつかれているようにカジノゲーム研究をしているのだと思います。

ブラックジャックの他にも、ポントゥーンやカリビアンポーカー、ルーレットなどにも関心があり、それらについても十分な準備をしてから、出陣するつもりです。

 

今回も長々と書いてしまいました。(約1800字)

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

それでは、よい休日を。

 


人気ブログランキング