カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

3・3・7拍子なるか・・・?

 どうも、ブラックジャック研究家のノッキーです。

 

早速、本題に入ります。

今回のテーマは、ディーラーのアップカードが7のときの3のペアについてです。

f:id:nokkie170111:20170530180046j:plain

 

ベーシックストラテジーBS)では、スプリットが推奨されています。

しかし、ローカードのスプリットを好まないプレイヤーもいます。

彼らは普通に6からヒットします。

 

BS通りにスプリットするのと、普通にヒットするのとでは、結果にどのくらいの違いが出るのでしょうか?

僕は基本的に、スプリットして冒険するのが好きなので、この状況でスプリットしますが、好きかどうかで勝負は決めるべきではありません。

勝算の見込みが高い方を選ぶべきです。

BSは勝算が高いでしょうが、どの程度なのかが気になります。

そんな理由で、実践テストを行うことにしました。

 

試行回数は全部で40回と決めました。

まずは、アメリカンスタイルホールカード有り)で20回分のデータを収集しました。

※こちらは、海外向けの動画となります。


[Blackjack Strategy] Is split better than hit? (Two 3s vs Dealer’s 7)

 

次に、ヨーロピアンスタイルノーホールカード)であとの20回分のデータを収集しました。

※こちらは、国内向けの動画となります。


[ブラックジャックの攻略]スプリットはヒットよりもベター?(3のペア対ディーラー7)

 

全40回分のトータルの勝率は以下のとおりとなりました。(引き分けは除く)

スプリットは約56%ヒットは約39%

次のグラフは、引き分けを考慮したときの勝率を示しています。

f:id:nokkie170111:20170606123755j:plain

f:id:nokkie170111:20170606124108j:plain

トータルのチップの増減は以下のとおりとなりました。

スプリットはプラス11枚(40枚→51枚)ヒットはマイナス8枚(40枚→32枚)

 

実践データから、BS通りスプリットする方がベターですね。

スプリットして3単位勝ちとなったときが、40回中6回もありました。

4単位勝ちはありませんでしたが、試行回数を重ねれば出現するでしょう。

 

普通にヒットすると、やはり10が出やすいことから、6→16とすぐに不利なハンドになってしまいます。

16対7は、BSではヒットですが、勝率は2~3割程度です。

ステイしたとしても同程度の勝率です。

16対7については、先日実践テストを行ったばかりなので、記憶に新しいです。

 

2でも3でもローカードのスプリットには、ワクワクさせられます。

面白いのは、ダブルのチャンスが来ることです。

勝利できたら、3・3・7拍子ですね!

 

▼追記▼

本日アップロードしたばかりの上の動画に対して、早速アメリカ人の早朝早起き様からコメントをいただきました。

コメントの内容はこんな感じでした。

もう1回3をスプリットしろよ。8:50のところだよ。ヒットじゃなくてさあ。あと、11:50辺りのところも。

言い方はどんな感じなのか分かりませんが、細かく見てくれているんだって思い、ありがたかったです。

 

でも、ちょっとした苦情の意味もあるのかもしれません。

僕が悪いのです。

というのも、アメリカンスタイルだと書いているにもかかわらず、スプリットの回数を1回に限定していたことです。

ネットで調べたら、本来、アメリカンブラックジャックはエース以外の場合は、3回までスプリットできるとのこと。

つまり、4つのハンドをつくることができるのです。

エースは1回のみのスプリットでした。

 

そのアメリカ人からすれば、「おいおい!違うだろうが!そんなのアメリカ式じゃないぞ!」って感じの思考になったかもしれません。

コメントをもらってしばらく考えて、スプリットの回数を3回までにしてもう1度やり直そうと思ったのですが、それはやめました。

というのも、僕自身、そこまでスプリットをするべきではないと考えているからです。

だって、3のスプリットですよねえ?

ディーラーのアップカードが7ってのもあるし、たとえ弱い数字であったとしても、スプリットの回数が3回まで許されているからという理由で、必ず3回するべきだとは思わないのです。

 

結局、僕が勝手にアメリカンスタイルと言っているのは、自分がとりたい戦略がミックスされています。

動画の導入部分で、必ず明記することにしました。

そのコメントのおかげで、明日から改善できます。

 

ここで、はっきりとさせておくと、僕(ノッキー)のアメリカンブラックジャックは、スプリットは1回のみ、ダブルは9、10、11とソフトハンドのみ、サレンダーとインシュアランス無しのものを言います。

 


人気ブログランキング