カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの戦略や賭け方などについて、独自の研究を行っています。

回数限定のマーチンゲール法(続)

こんばんは、ブラックジャックファンのノッキーです。

 

前回に続き、今回は同じ手法のヨーロピアンスタイルで実践テストをしてみました。

その手法は、通常は2枚ずつ賭けるフラットベットハンド21で勝利したら、回数を3回に限定したマーチンゲール法を開始

その3回のベット額は、10-20-30です。

つまり、通常の5倍~15倍の額を賭けることになります。

ハンド21になることと、それで勝利することの両方が重なると、波が良いのではないかと予測して、ベット額を上げる手法です。

3連負けしたり、ダブルスプリットなどで2単位以上負けない限り、チップは減りません。

ポジティブサプライズは、30単位のときにブラックジャックハンドがきて、45単位もらえるときです。

 

まずは、実践テストの前半です。


[blackjack betting system] Finite Martingale 10-20-30 Part4

 

そして、後半です。


[blackjack betting system] Finite Martingale 10-20-30 Part5

 

勝敗をはっきりさせたいのであれば、永遠にフラットベットはダメです。

どこかでベット額を上げる必要があります。

この手法では、最大15倍にベット額を上げます。

いや、スプリットの両ハンドダブルアップなら、最大60倍となります。

60倍って、1単位=25ドルなら、60単位=1500ドルになります。

結構な大金になります。

 

そもそもギャンブルなので、儲けたいなら厳しい試練に耐えなければなりません

あるカジノで会ったベテランカジノプレイヤーの口から出た一言。

勝ちたいなら、大きく張らないと!

 

確かにそうですね。

英語の格言でも、こんなのがあります。

"No pain, no gain." (痛みを感じなければ、得られない。)

 

どんな条件でベット額を上げたとしても、そこに絶対はありません。

ギャンブルですから、それは当たり前のことです。

今回は、たまたま運が悪かっただけか。次にまた同じ手法で試してみよう。」などと思って、一旦設定したルールをとことん試した方がいいと思います。

途中でコロコロルールを変えれば、何が良くて何が悪いのかが全く不透明になってしまいます。

 

 

大切なのは、負けたとしても自分が納得できることだと思います。

出陣前に、十分納得したはずのルールを本番で守れなかったり、間違ったりして、結果そのせいで負けてしまったら、そのときに受けるダメージはかなり大きくなってしまうでしょう。

精神的ダメージと勝敗って大きく関係している気がします。

いらいらしている感じのプレイヤーが勝っているイメージがわきません。

 

逆に1回や2回の負けでも、笑顔で元気なプレイヤーは勝っているイメージがわきます。

そんなプレイヤーでいたいですよね。

だからこそ、納得のいくルールが大切だと思います。

 


人気ブログランキング