ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

ベーシックストラテジーの有効性の検証その2

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?

こんばんは、ノッキーです。

僕は、いつもとあまり変わらない感じです。

身内で食事会をするくらいですかねえ・・・。

 

海外のカジノへ行かれている方も結構いるんじゃないでしょうか?

うらやましいです。

僕のカジノ友達が、さきほどラインが来て、その内容がカジノ体験談でした。

ブラックジャックで人の引き方に文句を言ってくる奴が、やはり居ることに呆れているようでした。

その友達はサードベースでプレーするので、文句を言われる立場になりやすいですね。

結果を見てから文句を言うんじゃないよ。結果が良かったら何も言わないのかよ。

なんて、その文体を読むだけでどんな様子なのかがうかがえます。

 

それは、さておき、本題に入ります。

最近は、専らベーシックストラテジー(以下、BS)の研究に没頭しています。

その有効性がどのくらいのものなのか、それをつかみたいと思っています。

実際、リアルカジノでプレーするときに、しっかりした土台があってプレーしたいですから。

今までの負けを取り返したいってのが根底にあります。

そのために欠かせないものだと思い込んでいます。

それで負けても納得がいくだろうと・・・。

 

今日の検証は、前回に引き続くものです。

前回は、ディーラーのストラテジーとBSの比較でした。

今回は、ダブルスプリットはできるだけ行うストラテジーBSの比較です。

 

検証動画では、前者のストラテジーで挑むプレイヤーをミスターグリーディー、後者は前回同様、ミスターBSとしています。

※グリーディー(greedy)は欲張りという意味です。

 

まず、ヨーロピアンスタイルノーホールカード)でやってみました。

いわゆる、厳しいルールです。

ダブルは9,10,11のみ、スプリットは1回のみのルールです。

またまた、海外向けの動画となっています。


[Blackjack] examine the effectiveness of the basic strategy Part3

 

 

 どちらのプレイヤーもかなり好調でした!

フラットベットであったにもかかわらず。

 

 

次に、アメリカンスタイルホールカード)でやってみました。

「チェッキング フォー ブラックジャック。」の奴です。

ダブルは、9,10,11とソフトハンド、スプリットは1回のみです。

※ユーチューブのアクセスデータによると、アメリカからの視聴が一番多いので、今後もアメリカンスタイルもどんどんやっていくつもりです。


[Blackjack] examine the effectiveness of the basic strategy Part4

 

ミスターグリーディーは友に助けられた結果となりました。

検証前に予測しなかった事態となり、少々焦りました。

 

アメリカンスタイルはルーレットでは不利ですが、ブラックジャックでは有利ですね。

※アメリカンルーレットは0、00があるが、ヨーロピアンルーレットは0のみです。

 

ブラックジャックで有利な点は、ダブルやスプリットでの2倍負けが無いことです。

ディーラーがBJかどうかの判明が、プレイヤーよりも先に行われるためです。

だから、「チェッキング フォー ブラックジャック。」が聞こえてきたら、易しい方のルールだってことです。

 

アメリカンスタイルでの検証結果から、BSの有効性が少し確認できました。

 

次回は、その3の予定です。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。