ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

勝つためのチップの賭け方

こんばんは、ブラックジャックマニアのノッキーです。

 

夕方にカジノ友達にラインしたら、今フィリピンに居るとのこと。

うらやましい・・・。

1番にカジノができることです。

最近のフィリピンは、新型のカジノがあるので、1度行ってみたいと思っているんです。

皆さん、行かれましたか?

 

あとは、物価が安いことですね。

マッサージが1時間数百円、マクドナルドのセットが100円くらいだとか。

話を聞くだけで、夢の世界にいるようです。

 

 

それは、さておき、本題です。

今日はチップの賭け方についてです。

勝つためには必要不可欠なことです。

理論上では、フラットベットは続けると勝てません。

※フラットベットとは、毎回同額賭けるベット法です。

 

今回、Nokkie Betting System(ノッキーの賭け方)と題して、実践テストを行いました。

このシステムは結構シンプルです。

ある条件を満たせば、ベット額を5倍にして行うというものです。

終了条件もあります。

詳しくは、動画の導入部分に書いています。


[ブラックジャック]賭け方の検証、好調の波に乗るために(その1)

 


[ブラックジャック]賭け方の検証、好調の波に乗るために(その2)

 


[ブラックジャック]賭け方の検証、好調の波に乗るために(その3)

 

動画のタイトルでもあるように、「好調の波に乗るために」ということは勝つために重要です。

たいていは、その波に気づいたときには、時すでに遅しというケースが多いですよね。

そして、勝ちが小さくなってしまう。

 

今回の賭け方にはまだ改善の余地はありますが、方向性は合っていると思います。

ギャンブルでは、勝てるときに大きく勝たなければいけない

そのためには、ベット額を上げることは仕方ないことです。

どの程度上げるのか、いつ上げるのか、など、具体的にルールを設定する必要があります。

 

10年くらい前の僕の実体験ですが、リアルカジノでそのテーブルのマックスベットを賭けたことが何度かあったのです。

マックスといっても、ローローラーレベルです。

ここだというときに、最大限の勇気をふりしぼって行動に移せました。

 

いちばんベット額が安いテーブルでしたから、マックスベットは500豪ドルでした。

日本円にしておおよそ4~5万円くらいに相当する額です。

未だにどんな状況だったのかを覚えています。

いくつか書きだしてみます。

 

1 ディーラー10で、エースのペアが来やがった!

「困ったなあ・・・。」誰もが思いますよね。

 

ここはベーシックストラテジー通りに、スプリットをしました。

つまり、500ドル×2=1000ドルを賭けたことになります。

500ドルでも大金なのに、その2倍って・・・。

でも、そのときは強がっていました。

「これで見せ場ができる。周りの注目を浴びて、旅の思い出ができるかも。」なんて、考えていました。

サードベース(ディーラーの1つ前)の席でプレーしていて、自分の番がきたとき、ちょっと叫びました。

「ピクチャー!ピクチャー!」

すると、どちらのハンドも10が入り、見事21になってくれました。

そして、すぐにディーラーの2枚目。

ディーラーもピクチャーを引き、ディーラーは20でどちらも勝てました!

ピクチャーが連続している部分で本当にラッキーでした。

あと、ベーシックストラテジー通りやってよかったです、

もし、ふつうにヒットしていれば、バーストでした。

しかも、かなり恥ずかしいバースト。

これが一番印象に残っています。

 

2 ディーラー2、自分7

これはブラックジャックの親戚的な存在のゲーム、ポントゥーンでした。

※ポントゥーンとは、10のカードを抜いたブラックジャックそっくりのゲームです。

ただし、J、Q、Kはあります。

 

ここでもサードベースでプレーしていましたが、他のプレイヤーは1人だけでした。

マックスの500ドル。

ここは勝てると思ったので、賭けてみました。

どういう理由からなのかは忘れています。

結構勇気が要りましたが、楽しくもありました。

 

そして、自分の番になり、ヒットし4を引き、ハンドは11に。

ポントゥーンではいつでもダブルができるので、するかしないかを考えました。

もし、ダブルしてJ、Q、Kのいずれかを引ければ、ハンド21で勝ち確定となります。

これがブラックジャックとの違いの1つです。

J、Q、Kを引く理論上での確率は25%です。

 

もしダブルをしないで、ハンド21になったら、後悔しそう。 こういうときに限ってなりそう。

こんな風に考え、ダブルをすることにしました。

つまり、1000ドル賭けです。

 

そして、ディーラーがカードを配る途中、ちらっとカードが見えてしまいました。

あっ!ピクチャーじゃない・・・。でも、マークの数は少なくもない。何だ?

手元に置かれて、目に映った数字は、ラッキー?セブンでした。

ハンド18になり、ディーラーが確認で、

フォーフィット?

これは、ディーラーに勝てないとプレイヤーが判断したときにとれる選択です。

もしフォーフィットすれば、最初に賭けた分だけ没収、ダブルで賭けた分は戻してくれます

 

え?フォーフィット?ハンド18だろ。いや、しないよ。

僕だけでなく、誰もがそう思うはずです。

ハンド18は勝てないハンドではないからです。

ディーラーがバーストして、フォーフィットしてしまっていれば、後悔がかなり大きくなるとすぐに悟り、しませんでした。

つまり、ハンド18で勝負!

 

そしてディーラーの番。

2→ローカードがぞろぞろ→16→!!!!!

 

ディーラーも僕を応援してくれて、16から次のカードを引くとき、「ピクチャー、ビッグワン」と言ってくれたことを覚えています。

そして、ディーラーは4を引き、ハンド20。

負けてしまいましたーーーー!!

 

でも、フォーフィットしていれば良かったとは思いませんでした。

その気持ちは不思議でした。

 

 

結構な長文になったので、今回はここで終了です。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

 

皆さんも、何かBJネタがあれば、教えてくださいね。