ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

ピクチャー!!イレブンダブル②

こんばんは、ノッキーです。

 

僕はFXをしているのですが、ボラティリティ流動性)がかなり大きな通貨ペアがありますね。

FXをしている人は分かると思いますが、対ポンドの通貨ペアです。

先日、イギリスのメイ首相が何か発言をすることの報道で、一時ポンドは下げていましたが、その下げは買いを待っていたトレーダーにとってはおいしいものだったはずです。

実は僕もポンド/豪ドルで指値注文をして待っていました。

注文が約定したとき、下げの滝にやられるかなと思いましたが、数時間後にチャートを確認すると驚きました。

1ポンド=1.66豪ドルくらいだったのが、1.7豪ドルを超えていました!

恐るべしボラティリティですね。

もし逆方向(売り)に注文していなければ地獄でした。

みなさんいかがですか?

 

さて、本題です。

今回のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードが10のときのイレブンダブルです。

これは以前行い、全30回分のデータをすでに出しているのですが、気になって再びやって見ようと思ったのです。

何が気になったかって、それは、ベーシックストラテジー(BS)通りにダブルするよりもふつうにヒットした方が結果が良かったということです。

まず、BS通りにダブルした場合の検証をしました。(全86戦、引き分け除く)

※動画は海外向きのものです。


[blackjack]11-double against Dealer’s 10

 

検証を通じて感じたことは、この状況でプレイヤーが見事10を引けば、勝率はぐーんと上がるということです。

稀に、そのときに限ってディーラーがエースを引きBJとなり、負けてしまう最悪のパターンがありますが・・・。(怖)

アメリカや韓国のカジノの場合だと、この点の心配は無いでしょう。

確か、ディーラの2枚目は前もって1枚目の下にもぐりこませるはずですから。

「Checking for blackjack.」って、ディーラーがつぶやいたりしますね。

つまり、ダブルをする前にBJかどうかが分かるのです。

 

また、ダブルが失敗すると勝率は激減しますね。

たとえ8を引いてハンド19になっても失敗だと思った方が精神的なダメージが小さくなります

でも、ポジティブサプライズもあるんですよね。

ダブル失敗→ディーラーバーストです!

これがくせになるプレイヤーもいるのではないでしょうか?

 

次に、普通にヒットした場合も検証を重ねてみました。(全68戦、引き分け除く)


[blackjack]11 hit against Dealer’s 10

 

検証によって得られた勝率を比べると、やはりヒットの方が結果がいいんですよね。

どうしてなんでしょうか?

結構、試行回数増やしているんですが。

まだ、足りないってことでしょうか?

 

まとめると、ここはBS通りにダブルばかりするのではなく、状況に応じて選択した方が良さそうです。

例えば、次のカードが10だと予測したら、ダブル!

カードシャッフルを頻繁にしているのに、連続して10が出ることって結構ありますよね。

だから、それを見越して10を予測するのは、よくある戦略のようです。

また、ローカードが連続しているとき、「これだけ10が出ないんだから、そろそろ出るだろう。」何て考えてダブルすると、またまたローカードが出たりしませんか?

カードがまんべんなく出る確率は結構低いのかもしれません。

リアルカジノに足を運ばれる方は、そのあたりを観察されてはいかがでしょうか。

何枚連続で10が出たとか、出なかったとか、もし良かったら、教えてください。

 

では、ここらへんで終えます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。