ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑦

こんにちは、ノッキーです。

今日はエイプリルフールですね。

皆さんはどんなウソをつきますか?

僕は最近、エイプリルフールを意識してウソをついていません。

普段、つきたいときについています。(オイッ!)

何か、名案が浮かんだらやってみようと思っていますが・・・。

 

さて、ブラックジャック検証の続きです。

ミズツインクル(キラリさん)の7回戦です。

彼女は毎回のゲームで2箇所に1枚ずつ賭けるフラットベット主義者です。

しかも、ベーシックストラテジー(BS)を遵守するプレイヤーです。

今回で、71ゲーム目に入りますが、チップは最初の20枚をキープしています。

7回戦、見せ場を作れるのか?


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑦

 

今日は、ギャンブル依存症対策について考えてみます。

現在の日本のギャンブルと言えば、パチンコ・パチスロ、競馬・競輪などが挙げられます。

これらの世間のイメージは良いとは言えません。

なぜなら、借金をつくってまでのめり込む人が出ているからです。

さらに、ギャンブルに負けた人がスリや万引きなどの行為をして、犯罪率の上昇や治安の悪化を招いてしまっていることも、ギャンブルのイメージを悪くさせています。

 

しかし、すべてのギャンブラーがそういうわけではありません。

きちんと限度額を決めて、賢く遊ぶ人もいます

前述にあてはまる人たちは、賢くなるべきです。

 

賢くなるためには、賢い人の行いをマネすればできるようになるはずです。

例えば、賢いギャンブラーの人たちばかりを集めて、その行動をCM、記事、番組などにして、メディアの力で社会に伝達すればいいと思います。

以前、あるテレビ番組で、パチプロの女性について放送されていました。

今でも鮮明に覚えているのですが、彼女は1日に使う資金を5000円と決めていました。

まず、デジタルパチンコを打ち、1回大当たりを引けば、すぐに終了、景品交換するルールを確立していました。

ふつうは、2回、3回と次の大当たりを狙うのが一般ですが・・・。

彼女のルールだと、大当たり分をその後に打ち込んでしまうことは100%ありません。

これが賢く遊ぶ人のやり方の1つだと言えます。

 

そうは言っても、依存症の人たちの多くは、己の欲望に負けて、時間を忘れて没頭しています。

彼らに没頭をやめさせるにはどうすればいいのでしょうか?

 

彼らの多くは、頭の中にギャンブルのことしかありません。

言いかえると、他にやることが無く、いや、他にやることが分からないのでしょう。

であれば、他にやるべきことがあれば改善されるかもしれません。

 

具体的には、1日の限度額に達っしたら、家に帰ってブログを書く。

そのブログで、今日のギャンブルの結果や自分の気持ちを記す。

すると、同じ仲間との交流が生まれて、お互いに励ませ合える可能性があります。

他にも、マンガ喫茶、カラオケ、バッティングセンター、テレビゲームなど、やることはいくらでもあるはずです。

ただ、その習慣がついていないだけなのです。

自主的にそういった習慣がつけば、問題ありませんが、周りの人の力を借りなければいけないケースも結構あるでしょう。

その場合は、家族や友人に頼ってでもするべきだと思います。

 

結構長々と書きましたが、個人的には、ギャンブルの悪いイメージが払しょくされればと願っています。

賢く遊んで、勝っても負けても楽しくいられたら一種の娯楽ですよ。

負けた時に、「くそー!むかつくー。」って思うのをやめて、「まあ仕方ないか。こんな時もあるわな。」っていうくらいの気持ちでいる方が幸せだと思いませんか?

 

そうは言っても、我々人間は出来ないんですよね。

でも、努力はできます。

偉そうに書いている僕ですが、やってみようと思います。

賢く遊びたいので・・・。

 

ブラックジャックで遊ぶなら、自分が最高だと思うストラテジーと賭け方で、明確な目標をもって挑むつもりです。

そのために、検証、分析をしています。

賢いプレイヤーになるためには、いろいろと準備が大変です。