ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

絶対負けでしょ?テンダブル

こんにちは、ノッキーです。

今日は、かごいけ氏の証人喚問を見ていました。

緊迫した雰囲気で、しんどそうでした。

連日、関連ニュースが絶えないので、飽き飽きしています。

それより、日本にIR(統合型リゾート)ができるニュースの方に興味があります。

先日、ある番組で池上氏が解説していましたね。

日本にカジノができることには賛否両論あり、プラス面もマイナス面もありますが、僕は外国人専用のカジノなら賛成です。

 

それはさておき、今回のブラックジャック検証は、ディーラーのアップカードがAのときのテンダブルについてです。

ベーシックストラテジー(BS)では、この場合、ダブルはしません。

BSを知らないプレイヤーでも、ダブルはあまりしないと思います。

でも、ダブルをするとどんな結果が得られるのか興味深く、検証をしようと思いました。

検証動画では、次の2つのケースについて行います。

CASE1 ヒット(BS通り)

CASE2 ダブル


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 テンダブル(ディーラーA)

 

データをとって、勝率とチップの増減を計算してみました。

CASE1のヒット(BS)の勝率は約56%でプラス1枚

CASE2のダブルの勝率は同じく約56%でプラス2枚

でした。

どちらのケースの勝率も同じになった理由は、ローカードが連続で出現しなかったことです。

チップの増減がダブルの方が1枚多かったのは意外でした。

結局、勝率が高ければ、ダブルの方が有利になりやすいのではないかと思いました。

確率の精度を上げるために、もっとサンプル数を増やしてデータを更新するつもりです。

★追記(20回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率約33%、チップの増減マイナス3枚

CASE2 ダブル 

勝率20%、チップの増減マイナス12枚

 

どちらの勝率を見ても、やっぱりか・・・って感じの結果になりました。

また、チップの増減の差が大きすぎますね。

この状況でダブルって、チップを浪費させるだけなんでしょうね。

 

そして、トータル(20回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率約44%、チップの増減マイナス2枚

CASE2 ダブル 

勝率約37%、チップの増減マイナス10枚

 

ダブルの勝率が意外にも高いと思いませんか?

 

★追記(30回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率約33%、チップの増減マイナス3枚

CASE2 ダブル 

勝率約33%、チップの増減マイナス6枚

 

勝率が全く同じってことは、ハンドがどちらのケースも同じだったということです。

ローカードの連続出現が無かったことが分かります。 

 

そして、トータル(30回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 ヒット(BS) 

勝率約41%、チップの増減マイナス5枚

CASE2 ダブル 

勝率約36%、チップの増減マイナス16枚

 

勝率の差はさほどありませんが、チップの増減の差が大きすぎますね。

やはり、BS通りに普通にヒットするのが賢明でしょうね。