ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑤

おはようございます、ノッキーです。

今朝は早起きして動画のクオリティを高めるよう勉強中です。

終了画面とかカードなど、僕にとっては真新しいものばかりで大変です。

でも、たくさんの人たちがこういったことを乗り越えて、素晴らしい動画をつくっているんですよね。

僕の動画のレベルはまだまだ下の方ですが、少しずつ改善されればいいなと思っています。

 

さて、先日のブラックジャック検証分です。

ミズツインクル(キラリさん)の5回戦ですね。

彼女はベーシックストラテジー(BS)を遵守し、2箇所に1枚ずつかけるフラットベットの方針でゲームを進めます。

今回は何か見せ場はあるのでしょうか?

チップの増減はいかに・・・。


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー⑤

 

今日はリアルカジノブラックジャックで遊べる時間数について考えてみようと思います。

テーブルにいるプレイヤーの数にも依りますが、まずは自分1人の場合はどうでしょうか。

1ゲームあたりの時間数は30秒前後だとして、100ゲームだと50分前後になります。

これは、学生の頃の授業時間に相当します。

自分1人だと50分ずっと集中するので、精神的に大変疲れるかもしれません。

他にプレイヤーがいれば、その疲労度は軽減されるでしょう。

プレイヤーが2人だと、2倍で100分ってことは無いかと思います。

単純に人数には比例しないでしょう。

まあ、75分前後でしょうかねえ。

そのプレイヤーが優柔不断だったり、酒飲みだったらもっと時間は浪費されると思われます。

テーブルのミニマムベットが低い場合は、常に満席に近い状態でゲームをするので、この場合だとプレイヤーは6人位、だと時間は少なくとも2時間は超えると思います。

こんなふうに考えれば、1番目のプレイヤーであるミスターフラット(平さん)は10回戦までチップをゼロにすることなく進めたわけですから、100ゲームをたった10枚のチップで遊べたことになります。

彼はたまたま強運だったのかもしれませんが、下手に進めていれば10枚のチップなんてすぐに無くしますよ。

やはり、ベーシックストラテジー(BS)は重要な戦法だと言えるのではないでしょうか。

すべてのプレイヤーがBSを遵守すれば、カジノ側は思ったより収益はあがらないでしょうね。