ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー④

こんにちは、ノッキーです。

確定申告の時期ですね。僕は自営業をしているので、自己申告をしなければなりません。

今年からマイナンバーの記載欄があり、数週間前に申請しました。

しかし、なかなか郵送されてこない・・・。

ネットの書き込みによると、3カ月かかる場合があるとか。

それで、役所に問い合わせてみたら、通知カードの番号がマイナンバーと全く同じなんだとか・・・。

無知でした。

 

それはさておき、ブラックジャック(BJ)検証の続きです。

ミズツインクル(キラリさん)の4回戦です。

彼女はベーシックストラテジー(BS)を遵守し、2ハンドで1枚ずつ賭けるフラットベット主義者です。

最初、チップ20枚からスタートしています。

今回の勝負はどうなるのでしょうか?


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 2箇所に1枚ずつ賭けるプレイヤー④

 

今日はオーストラリアカジノにいたプレイヤーについて書こうと思います。

ケアンズリーフカジノで僕がカジノデビューした頃、そこは規模が小さなカジノでもあったためか、地元の常連客が結構多かったです。

そのため、何度か足を運ぶと、すぐに顔見知りになり、互いに話すようになりました。

他のプレイヤーの引き方に文句を言う人もいたり、自分の引き方を押しつけてきたり、逆にどうすればいいのか助言を求めてきたり、大勝ちしたらドリンクをおごってくれたり、などいろんな人がいました。

何人かニックネームをつけて、カジノ仲間と楽しんでいました。ちょっと思い出してみます。

1人目、「立ち婆」

いろんなテーブルにちょこまかと移動するローカル老婆プレイヤー。

基本的に、そのテーブルに長時間居座ることは少なく、3連敗もすれば舌打ちをして、別のテーブルに移る。

あだ名の由来は、立ち食いそばのように、立ちってプレーすることから。

 

2人目、「ダブ爺」

ビビりなのか、ご自身はダブルアップをしないが、他のプレイヤーがダブルチャンスになると、「ダブル!ダブル!」と煽ってくるローカルの爺さんプレイヤー。

そして、ダブルアップが成功すると、「Beautiful!」が口癖。

しかも、「オレがダブルって助言したから、お前が儲かったんだぞ!」って感じの英語を話してくる。

でも、憎めなかった。

 

3人目、「パチン君」

20才代、中国系青年プレイヤー。

表情はいつも険しい。

1回負けだだけで、自分を責める。

ダブルアップやスプリットで2単位以上負けた時やハンド12で10を引いてバーストした時は、自分に本気で張り手をかます。

いつ張り手するのかが僕の楽しみの1つだった。

 

4人目、「睨みババア」

中国系の婆さんプレイヤーで、オージーの旦那を持つ。

旦那が金持ちなのか、バッグから無限に金が湧き出てた感じ。

負けても旦那は微笑んでいた。

自分が負けていて、他のプレイヤーが勝っていたら、その人の方を睨む。

でも、自分が勝っていたら、機嫌良く誰にでも話しかける。

僕も話しかけられた。

僕が5ドルチップを数十枚重ねてプレーを楽しんでいたら、睨みババアがやって来て、「You’re encouraging me.(君が勝っているので私は励みになるわ。)」と言われたことを今だに覚えている。

 

5人目、「ミスタースゲ~」

オージーの中年おやじ。

自分が勝っているとき限定で、別のプレイヤーが大儲けした場面で、「すげ~!」と日本語で連発してくる。

どうやら、「すげ~!」という言葉が気に入っているようだった。

僕もお返しに「すげ~。」と言って、場が和やかになった。

 

他にも思い出せば書けそうですが、今回はここまでとします。

15年くらい前のことなのに、これだけ書けたとは・・・。

今度はディーラーについて書こうかなと思っています。

カジノでプレーだけじゃなく、人間ウォッチングするのが僕の楽しみ方のようです。