ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

ホントにラッキーセブン?の7のスプリット

カジノ スプリット ディーラーのアップカード バースト ブラックジャック ベーシックストラテジー 検証 BJ BS ハンド17

こんにちは、ブラックジャック好きのノッキーです。

今日は、キムジョンナム氏の暗殺のニュースでメディアは騒いでますね。暗殺って怖いですが、無防備だったのも軽率だったのではないかと思います。あと、シンガポールやマカオに滞在ってことは、やっぱ、カジノ三昧だったのでしょうかね?

それはさておき、今回はディーラーのアップカードが7のときの7のスプリットについて検証してみます。テーブルには7のカードが3枚、つまり、スリーセブンの状態です。ベーシックストラテジー(BS)では、スプリットをしますが、このスリーセブンはラッキーセブンとなるのでしょうか?

検証では、次の3つのケースをすべて試してみました。

CASE1 スプリット(BS通り)

CASE2 ヒット(ってことは、14で1枚引く)

CASE3 ステイ(ってことは、14で止める)


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 7のスプリット(ディーラー7)

 

データをとって、勝率とチップの増減を計算してみました。

CASE1のスプリット(BS)の勝率は50%でプラス4枚

CASE2のヒットの勝率は56%でプラス1枚、

CASE3のステイの確率はわずか10%でマイナス8枚でした。

勝率で見れば、ヒットが一番良かったのですが、チップの増減で見ればBS通りスプリットをするのが良かったと言えます。やはり、スプリットをすると、ダブルアップのチャンスが訪れる場合があり、そのときにチップの増減が大きくなる傾向にあります。勝率5割でプラス4枚だと、まあまあの成果ではないでしょうか?それらとは対照的に、ステイをすると大失敗だという結果が導けました。ステイはするべきではなさそうです。

確率の精度を上げるために、もっとサンプル数を増やしてデータを更新するつもりです。

 

ハンド17について考えてみようと思います。カードが配られるとき、1枚目が10のカードだと、2枚目が配られるまでの間、高望みしませんか?僕は、「10だ!10来い!願わくば、Aだ。」のような。でも、いつも願い通りに来る訳もなく、7が来る場合がありますね。そして、「ああ、17か・・・。つまらないなあ。」って思ったりします。

しかし、ハンド17ってBSに従えば、あるいは、泥酔していなければ、バーストで負けることはないんですよね。ハンド16とは大きな違いです。例えば、ディーラーのアップカードが7でプレイヤーが17のとき、ヒットするプレイヤーは皆無に等しいでしょう。そんなときは、「引き分けでいいや、はいはい、ステイ。」って行動を取りますよね。勝負には引き分けもつきものなので、それも許容するべきです。

さらに、ハンド17は強制ステイとなり、これが功を奏する場合があります。そう、ディーラーがバーストして、プレイヤーはヒットするか否かの選択を強いられることなく勝てたりします。これは、ハンド12~16とは大きく違うところです。

以上のことから、ハンド17はそんなに悪いハンドではないと言えます。

★追記(20回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約56%、チップの増減プラス2枚

CASE2 ヒット 

勝率40%、チップの増減マイナス2枚

CASE3 ステイ 

勝率0%、チップの増減マイナス10枚

 やはりBS通りするのがベストな結果となりました。勝率が5割を上回り、チップの増減がプラスになることを考えれば、スプリットをするべきでしょう。しかも、スプリット後のダブルアップのチャンスが熱い!逆に、ステイをするのは自爆行為でしょう。

▼スプリット後のダブルアップで成功し、チップがプラス3(熱い)▼

f:id:nokkie170111:20170308102727j:plain

 

そして、トータル(20回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約53%、チップの増減プラス6枚

CASE2 ヒット 

勝率約47%、チップの増減マイナス1枚

CASE3 ステイ 

勝率5%、チップの増減マイナス18枚

こちらの結果からも、BS通りスプリットするのが良いみたいですね。勝率が5割ちょいだけど、チップの増減がプラス6になっているのは、ダブルアップでの勝利が効いています。優位性を感じますよね。それとは対照的に、ステイの結果は酷いですね。絶対に選ぶべきではないでしょうね。

 

★追記(30回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約33%、チップの増減マイナス6枚

CASE2 ヒット 

勝率20%、チップの増減マイナス6枚

CASE3 ステイ 

勝率30%、チップの増減マイナス4枚

この10回分では、スプリットの勝率が5割を大きく下回っています。ディーラーが17で決まらずに20や21でハンドが強くなったり、プレイヤーのバーストが多かったことが原因です。アンラッキーセブンってことでした。

 

そして、トータル(30回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約46%、チップの増減0枚

CASE2 ヒット 

勝率約38%、チップの増減マイナス7枚

CASE3 ステイ 

勝率約13%、チップの増減マイナス22枚

やはり、BS通りにスプリットが良いみたいです。ステイは壊滅的ですね。まあ、ディーラー7相手に14でステイですから、勝負を捨てイって感じですね。