ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

1枚ずつ賭けるプレイヤー⑩

こんにちは、ブラックジャックファンのノッキーです。

寒い日が続きますね。防寒対策どうしてますか?

僕は、靴下を2枚はいています。

ときに、3枚も。1枚目は普通のソックス、2枚目以降はくるぶしソックスを装着します。

夏しかはけないと思っていたくるぶしソックスを有効活用できている気がします。

 

さて、毎回1枚ずつ賭けるフラットベット主義のミスターフラット(平さん)が10回戦進出となりました。

ついに、ここまで来たかって感じです。ベーシックストラテジー(BS)の素晴らしさを証明しているのかもしれません。

以下、実況動画です。


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 1枚ずつ賭けるプレイヤー⑩

 

今日は、実際のカジノで勝ったり負けたりするのがほぼ交互にくる状況について考えてみようと思います。

ギャンブルで一攫千金を目標にしているプレイヤーにとっては、苛立たせる状況かもしれませんが、カジノプログラムに参加しているプレイヤーにとっては、ちょっと嬉しい状況ではないでしょうか?

カジノプログラムというのは、フロントマネーを預ける代わりにVIP待遇が受けられるサービスです。

カジノによってしているところとそうでないところがあると思われますが、僕の知る限り、オーストラリアのいくつかのカジノではカジノプログラムがあります。

僕は、2006年にケアンズのリーフカジノで1回だけ参加したことがあります。

フロントマネーの額が5000豪ドル(40~50万円くらい)で、他のプログラムと比べて安くできたこともあり、思い切ってやってみました。

そのプログラムでは、プレーの実績によって待遇が受けられたのですが、例えば、毎回のゲームで50ドル以上賭ければ、その額の0.3%位?がキャッシュバックされるのです。

僕の場合は、現金ではなく、宿泊費3泊と食事を無料にしていただけました。

話を戻せば、勝ったり負けたりする状況がほぼ交互にくるということは、チップの増減がおだやかになります。

ゲームでは大きく勝つ状況ではないが、カジノプログラムに参加して条件のベットを満たすと、その状況が長引く分、キャッシュバックが受けられます。

だから、安心できる、いや、嬉しい状況と考えることもできます。

「大きく負けなければいいや。」っていう敷居の低い目標を持ってプレーした方が、得られる満足感の領域が大きくなる。

これは、最近の自論です。