ブラックジャック(カジノゲーム)検証のブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノで勝つためのブラックジャックの検証ブログ

ブラックジャックの基本戦略であるベーシックストラテジーやベットのしかたなどについて、いろいろと検証しています。

仕方なくする6のスプリット

カジノ スプリット ダブル ダブルダウン トランプ ブラックジャック ベーシックストラテジー 検証 確率 BJ 6のスプリット

こんにちは、ブラックジャックファンのノッキーです。

今日は関東の方は最高気温が20℃ぐらいで冬にしては非常にめずらしい気候らしいですね。僕は関東からは遠い地方に住んでいるので、うらやましいです。暖かい気候がやっぱりいいですよね。

それは、さておき、今回はディーラーのアップカードが2のときの6のスプリットについて、検証してみます。ベーシックストラテジー(BS)では、この場合、スプリットとあるのですが、あまり前向きにしようとは思いませんよね?

理由は、6を分けて2ハンドにすることは、最弱の数を2つ背負うということになるからです。しかも、ディーラーのアップカードが2ですから、2は強さで言えば、中レベルですからねえ・・・。

ブラックジャックでは、数字の弱い順に並べると、6・5・4・3・2・7・8・9・10・Aです。

検証動画では、次の3つのケースを実践しています。結果はいかに・・・。

CASE1 スプリット(BS通り)

CASE2 ヒット

CASE3 ステイ


カジノで勝つためのブラックジャック検証動画 6のスプリット(ディーラー2)

 

データをとって、勝率とチップの増減を計算してみました。

CASE1のスプリット(BS)の勝率は約22%でマイナス10枚

CASE2のヒットの勝率は10%でマイナス8枚

CASE3のステイの勝率は30%でマイナス4枚でした。

どのケースにおいても、勝率とチップの増減が悪いですね。やっぱりかって感じです。

あと、スプリットの勝率はヒットの勝率の2倍くらいあるのに、チップの減り具合はスプリットの方が多かったということです。これは、スプリット後のダブルダウンのためです。

これで、ステイがいちばんマシだと結論づけるのは早すぎますね。まだまだサンプル数が10ゲームと少ないので。確率の精度を上げるためには、もっとサンプル数を増やす必要があります。また、別の日にデータをとってみようと思います。

★追記(20回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約44%、チップの増減プラス1枚

CASE2 ヒット 

勝率20%、チップの増減マイナス6枚

CASE3 ステイ 

勝率30%、チップの増減マイナス4枚

 

スプリット(BS)が一番マシな結果となりました。見せ場が結構あり、1回あたりの増減の振れ幅が大きかったです。(勝ち額と負け額の差が大きい)

▼両方のハンドで10ダブルになり、片方が失敗してもディーラーバーストで大勝利!▼

f:id:nokkie170111:20170301163628j:plain

 ▼ゴミハンドでも、ディーラー22バーストで見事W勝利!▼

f:id:nokkie170111:20170301163640j:plain

▼「引き分けでいいや。」って思っていたら、ディーラーバーストで見事W勝利!▼

f:id:nokkie170111:20170301163651j:plain

▼BSを守った結果得られた11ダブルからの21!ディーラーバーストで見事トリプル勝利!▼

f:id:nokkie170111:20170301163659j:plain

 

そして、トータル(20回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約35%、チップの増減マイナス9枚

CASE2 ヒット 

勝率15%、チップの増減マイナス14枚

CASE3 ステイ 

勝率30%、チップの増減マイナス8枚

 

勝率はどれも5割を下回っていますが、スプリット(BS)がマシな選択のようです。上に貼った写真からは、プレイヤーに有利な感じがうかがえますが、負ける時も大きいので、結果としてチップはマイナスになってしまっています。しかし、6+6でステイするのは面白くないですよね。それもあって、BS通りスプリットして冒険するのが楽しめそうです。どうせ不利なら、面白さは奪うべきです。

 

★追記(30回分のデータ)

データをさらに10回分とってみました。結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約38%、チップの増減マイナス4枚

CASE2 ヒット 

勝率約33%、チップの増減マイナス3枚

CASE3 ステイ 

勝率30%、チップの増減マイナス4枚

この10回に関しては、結果に大差はありませんでした。スプリットすると、引き分けになる場合が他のケースと比べて多くなる傾向にあります。一方が勝ち、他方が負けで引き分けとなる場合が圧倒的に多いです。

 

そして、トータル(30回分)の結果は以下のとおりです。

CASE1 スプリット(BS) 

勝率約36%、チップの増減マイナス13枚

CASE2 ヒット 

勝率約21%、チップの増減マイナス17枚

CASE3 ステイ 

勝率30%、チップの増減マイナス12枚

どのケースもパッとしないですね。最弱の数字6のスプリットですから、仕方ないですね。でも、BS通りにスプリットした方が面白いですね。ダブルアップのチャンスが来るかもしれないですから。ディーラーのアップカードが2だから、勝率が悪いのかもしれません。5や6なら、もっと結果は良くなると思われます。その場合の検証もやってみようと思います。